Posts Tagged ‘Mobile Studio Pro 13’

ドラクエ11の絵

Posted by Futatsubashi on 5th 8月 2017 in み先生のお絵描き

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みなの。そう、みなのよ。
ドララ11や、他の作業に忙しいから。とりあえず、ドララ11の絵を描いたってお話だけよー今日は。

Mobile Studio ProとClip Studioで塗りまでやった。そう、やったのやんねー。漸くClip Studioもおぼわったわぁ。

最後の影塗りだけ、ソファーにゴロンしてZenpadとメディバンでしあげましたの。

ベクターレイヤア便利ねぇ。

ベクターレイヤー

Posted by Futatsubashi on 1st 8月 2017 in み先生のお絵描き

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みなの。そう、みなのよ。夏が休みになった、サマーな雰囲気な時ってぇ、蝉がミンミンなののよねぇ。

じーじなら食べちゃうのかしら?蝉。

Mobile Studio Pro 13の研究は進んでまして。Yogabookでも、少し研究しましたベクターレイヤーを使ってじーじを描いてみた。そう、みたの。

少しグレンラガンみたいな画風のじーじなっちゃったわ。

ベクターレイヤーって、キャンバスを後から大きくしても線がギザギザにあれない事みたい。

ベクターレイヤーで描きます時はー、消しゴムの扱いが少し難しいみたいやんねー。交点言いまして、線が交わるところだけ消してくれるみたい。

そこだけ覚えましたら、ベクターレイヤー子供でも使えますわよ。線が交わるところだけ消せる。

みは、それを覚えた。

ベクターレイヤーは、なんだかイラストレーターみたいな絵の雰囲気になるのねぇ。そうだわ、イラストレーターの雰囲気だわ。

ロゴとか幾何学模様にはベクターレイヤーのが相性良さそうな雰囲気しますのますのやんね。

そう言いましたらー、このベクターレイヤーで最終的に完成させましたじーじね。初めはWindowsペイント言います。最初からWindowsに入っております。しょぼいペイントソフトで描いてみましたの。

インタァネットのニュウスで、み。さよならWindowsペイント。みたいな、なくなるみたいな記事を読みましたから。Windowsペイントで描いてみよう思い立って描きましたの。

そうしたらグレンラガンみたいな画風のじーじなっちゃったわ。

でもー、レイヤー機能がありませんでしたり。便利な機能はまるでないけれど。みも、絵を描く人間。

道具のよしあしに関わらず。本当の絵描きは紙に鉛筆描いたって上手い。道具はただのお助けアイテム。

が、みの持論ですからぁ。

頑張って描いた。そう、描いたの。Windowsペイントでのお絵描きはまだまだ練習が必要ね。なにかしらぁ、み。Windowsペイント使ってましたらぁ。

昔々インタァネットで流行った言います、絵チャっととか。ミーバースでのお絵描きを思い出したわぁ。

そうそう、これは一枚目のベクターレイヤーじーじの背景に使った。背景画像。こちらはメディバンペイント仕上げみたい。

あー、今日も楽しかったぁ。あー明日も楽しい事あるかしらぁ?今日は良い事ありましたのー。

ルルお姉さん描いたわよ

Posted by Futatsubashi on 28th 7月 2017 in み先生のお絵描き

グッズ化計画の一環でルルお姉さん描いたわよ。
今日は、み忙しいから特に他にお話はないから、短いですけどー。

とりあえずそれだけ。

制作にはメインでMobile StudioとClip Studio。
仕上げにZenpad S8.0とメディバンペイント。

厚藤四郎完成したわよ

Posted by Futatsubashi on 25th 7月 2017 in Switch, み先生のお絵描き

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みなの。そう、みなのよ。夏が休みになったの、そうサマーな雰囲気なのよ。

でもー、休みだからって遊びに『うつつ』をぬかしてますとー。後で苦労しますのあんた達でますから。宿題は速攻終わらすのよ?そうしましたらー、バカンスもあんしんなのやんねー。

みは半分宿題が終わったわ。

そうそう、Mobile StudioとClip Studioの研究で描いておりました。
厚藤四郎完成したわよ。

アニメ塗りでますけどもー。

そろそろ水彩塗りとかにも挑戦してみようかしら?

そう言えばみ、こないだウナギを食べましたの。
いまウナギって色々大変みたいでますけどもー、みは加工してある食べ物はもう既に加工されてしまっておりますからー。

食べないと腐るだけ思いますから、あれば食べる方針なの。

ウナギ採ります段階から注意しないと減るのはとめられない思いますし。すでに食べ物にされてしまってるのは、そりゃあ食べますのやんねー。

おいしかったぁ。

スプラトゥーン2のサーモンランって言うの楽しかったわよぉ。そう言えばウナギもスプラトゥーン2も海の生き物だったわねぇ。

そう言うこともあるの。そう、あるの。

『ボルク姫様来る』の巻

Posted by Futatsubashi on 20th 7月 2017 in み先生のお絵描き

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みなの。そう、みなのよ。昨日から、そうボルク姫様がじーじの会社に来られた。そう、来られたの。

ボルク姫様はー、じーじ(二ツ橋陽輔)でも勝てないくらいパワフルなお姫様と言いますかー貴族なの。他にじーじに勝てそうな女性は、少尉さんか二ツ橋一巳さん(じーじの義理のお姉さん)位ねぇ。

本当は今日来られる予定でしたけどもー。予定が早くなって昨日から、じーじの会社にいらっしゃいましたの。

だから、み。頑張ってボルク姫様を、Mobile StudioとClip Studioで描いた。そう、描いたの。

じーじは病院ですから。みが代わりに子供ハウスから、じーじの会社にかけつけて専務さん達と接客した。そう、したの。

じーじ「いやー会えなくて残念だなぁ。みちゃん、ボルク姫様を宜しくね」言ってましたけど。

絶対嘘でしょう?怖いだけでしょう?

でもー、お姫様みには優しいの。

厚藤四郎描いてみたわよ

Posted by Futatsubashi on 18th 7月 2017 in み先生のお絵描き

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みなの。そう、みなのよ。こないだMobile StudioとClip Studioの研究で描いてました厚藤四郎が出来上がって来ましたのやんねー。

Yogabookでも研究は進めてたけれど、まだまだClip Studioって難しい所ありますわねぇ。でも、なんとか形にはなってきた言いますかー。物になっては来た感じしますの。

Mobile Studioは、13インチでなんとかギリギリの重さ。16インチでしたら子供には常時持ち運びは厳しい重さでしたわねー。

ただ、最初から入ってますプロペン使いますと。描きやすいけどー、芯がゴリゴリ磨耗。磨耗ってつまり減ること。磨耗しそうな感じでましたからー。

予備にクラシックペンを用意致しました。

普段はクラシックペン使いましてー、ここぞと言う時にプロペン使いますといい感じ雰囲気やんねー。

エアペンとかも売ってましたけどー、エアペンは使いどころに困る雰囲気。エアスプレー専用ぽいもの。

Clip Studioでますけどもー。まず、3Dデッサン人形機能などを使いまして大体のポーズをザックザック描きます。

この時の線は大体で良いんでますけどもー、手ぶれ補正機能は40くらいで真っ直ぐな線を引くように心がけてねぇ。

そうすると後でペン入れする時に調整が楽になる。そう、なるの。

そうしますとまず、素体状態のキャラクター出来ますから。ここから更に上のレイヤーに服を描いていくと、ポーズにフィットしたお洋服出来ていきますわよー。

これ、みの秘密テクニックの1つよ。みは技術の出し惜しみはしない。そう、しないの。

それをこう指かジョイコンか、Mobile Studioについてますホイールで。ぴゅーっと、大きく拡大しましてー。

うんしょうんしょ

お洋服線レイヤー→お洋服色レイヤーの階層で。キャラクターの上のレイヤーに、お洋服を描き込んでいきます。

うんしょうんしょ

だいたい出来てきた。
ふぅー、続きは夜ご飯と、宿題お勉強と、お風呂の後よ。

ラヴ・サーモン!!

Posted by Futatsubashi on 16th 7月 2017 in ZBrush

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みなの。そう、みなのよ。

あんたたち、マジカルKIRIMI知ってる?サンリオのキャラクタァのお歌なんだけど、みって言葉が入ってていい歌よねぇ。みはみでも切り身でますけどもー。

うんとこどっこいしょー。

さて、よた話はこの辺にして。今日もメインのお話に入りましょう。Wacom Mobile Studio Pro 13、お絵描きの作業に入る前にみはClip Studioを練習してみた。そう、みたの!!

まずね、そうね。
YogaBookで設定した時とおなじようにね、Mobile StudioでもJoy to Key言います。パソコン用じゃないコントローラーもボタン設定出来ますソフトでね。

ニンテンドースイッチのジョイコンをMobile Studioでも使えるように設定していきますのやんねー。これ結構大変な作業ですけどもー、いつものお利口さんの男の子友達、くさちゃんと、へんにゃんに聞きながら設定していきますのやんねー。

YogaBookは板タブレット(画面にも描けますけどー、パームリジェクション効きませんから)用途で小型ですから、お外でのお絵描き用でますけどー。

Mobile StudioはZenpad S 8.0みたいに、画面に直接描きます液タブレットでますから。み達、

子供ハウスの『まるでゆめみたいスタジオ』の仕事場用ですの。

み、最初がZenpad S 8.0でしたから。板タブレットより、液タブレットの方がやっぱり描きやすいわねぇ。勿論YogaBookでも練習してますわよー。小型で未来的ですから、お外で描きます時にはー。

本当にYogaBook大活躍なのやんねー。

Clip Studioでの練習用に、厚藤四郎描いてます途中。うーん、Androidですとデッサン人形別の有料アプリですから。

はじめから付いてますの便利ねぇ。

そう言いましたら、ZBrush Coreでのフィギュアもお洋服の模様微調整したわよぉ。

FF14ベンチとドラクエ10ベンチ

Posted by Futatsubashi on 29th 6月 2017 in ガジェットレビュー, ゲーム

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みなの。そう、みなのよ。Wacom Mobile Studio Pro 13、お絵描きの作業に入る前にみはゲームのベンチマアクを計ってみた。そう、みたの!!

ベンチマークってえーと、そう。そのゲームが遊べるかのテスト。そう、テストなのやんねー。

ファイナルファンタ14(FF14)リベレーターベンチからねぇ。

1920×1080、標準品質でScore3421の『やや快適』

1920×1080、高品質でScore2251の普通ですのやんね。
どちらもダイレクトエックス11とか言いますので計りましたから。ダイレクトエックス9にして、解像度も1280×720くらいならもう少しあがりますかしら?

ファイナルファンタ14は普通に遊べそうですけどー、Mobile Studioが凄く熱くなるわよ。み、たまげた。

ドララ10(ドラクエ10)は、1920×1080の標準品質でScore8164のとても快適。

1980×1080、最高品質で6997の快適。ファイナルファンタ14と違いましてー、そんなに熱くならないからいいかも。