Archive for the ‘No Man’s Sky’ Category

龍頭(BOSS),座乗船乗り換える

Posted by Futatsubashi on 27th 9月 2022 in No Man’s Sky, PC GAME, ゲーム(電遊戯), 日常

早安〜。俺です、僕です二ツ橋陽輔です。宇宙船の乗り換えいつになるかなぁと、思い続けて小銭を貯めて來た。リアルは億万長者、ノーマンズスカイ内では貧乏なチームのボスです。

で、早速ですけど。ぼくの初期基地のある惑星(みちゃんの心のお友達と同じ惑星)に、交易場とは違う謎の施設があるんですね?この施設に割と格好良い宇宙船が來ることが多いんですよ。だからねー、ぼくはここで張っていた訳ですよ。

格好良い宇宙船が來るまでねー。

↑照片(写真)は、謎の施設の全景。

この謎の施設、施設その物も格好良いんですけれど、2練になっていて、奥にもう1練同じ施設があるの。新帝國ギアのネオグラードかなにかかな?相変わらず宇宙は不思議と浪漫(ロマン)がいっぱいです。

この施設内にはコーバックス(宇宙人の種族の一つ)のNPCしかいないので、おそらくコーバックスの施設なんだろうなぁ。さて、この施設内で格好良い宇宙船が離陸するのを待機しながら、見学していると面白いものを発見したんだねー。

コーバックスの歴史がわかる巨大端末。どうもコーバックスは意識の方を本体として、身體の方は殻と言う教義と言うか、システムの下生きている模様。そうすると、死後は共有意識に戻るのかな?

このゲーム本当によく造り込まれているなぁ。とてもインディーズのゲームとは思えない。ゲーム内の説明は極端に少なくて、やや不親切な感じもするけれど。このゲームに関しては、それがよい意味での孤独感を表していていいね。

手探りな大宇宙の孤独感ある。

あぁ、宇宙船ね。そう言うわけで新しい座乗船に乗り換えました。前の宇宙船も下取りに出した訳ではなく、新規購入なので、前の船ももちろんいつでも呼び出せます。

ぼくはね、紅色(赤色)が好きなので、紅色の機体しか買わない。壬黑龍(Crimson.S.Teddy=二ツ橋陽輔)と言えば赤ですからね。基本は真紅の総統、それがぼくなのです。

初期宇宙船と比べると、だいぶシャープになった気がする。

No Man’s Sky武装決起集会Vol.3

Posted by Futatsubashi on 25th 9月 2022 in No Man’s Sky, PC GAME, ゲーム(電遊戯), 日常

早いものでねー、身内の集い第三回目やってきましたよー。今日の集いは序盤は淡々とまったりしてたんだけどね、深夜23時から2時間以上プレイしてたんですけれど、後半は終始面白かった。

さて、序盤Second Life(過去のメタバースゲーム)時代の仲間、エクスさんが挨拶に來てくれてねぇ。エクスさん、ぼくよりも格好良い宇宙船に乗ってて笑った。すごいねー、本当に格好良いなー。

みちゃんの心のお友達が來るなり失礼したけど、あの子極度の人見知りだから初めての人にはいつもあんななの(苦笑)気にしないでね。それはそれとして、ぢるちゃんと、エクスさんとでセンチネル相手に戦ったり、センチネルピラーに向かったのだけれど。

ぢるちゃんは元から、チームのエースパイロットなので、強いのはわかっていたのだけれど。エクスさんも意外に強くて、こちらも思わず笑ってしまった。みんな強すぎですよ?(苦笑)センチネルウォーカーと、センチネルのロボットはいつみても格好良いなぁ。

エクスさんが落ちた後は、ぢるちゃんとエイリアンの卵から湧き出るエイリアン狩りをして死にかけた(笑死=わたしが)で、みちゃんの心のお友達が帰って來たvvvvあなた本当に人見知りなんだから(苦笑)

みちゃんの心のお友達の、チュートリアルを更に進めてね。ワープゲートをお家内におくところまでは完了したところですね。No Man’s Sky武装決起集会Vol.2の時の大戦で、ぢるちゃんがクレーターだらけにしたところは。

きちんと、ぢるちゃんが埋めて整地してくれたよ(笑)ぢるちゃんも戦闘だけじゃなくて、やるときはそつなくこなすじゃないの!!やるときはやる男だと思っていたよ(笑)最後は、みんなで記念撮影して終わりました。

※集会集合照片(写真)2022.09.25.

No Man’s Sky武装決起集会Vol.2

なんでタイトル2から?って、疑問をお思いの君。だってね、仕方ないんだよー。Vol.1は手探りで声とか撮影できなかったしね。

私はNo Man’s Skyに帰って來た!!

↑でも、1の時も少しは日記にしたんだけどね。

と言うわけでねー、身内の集い第二回目やってきましたよー。今日の集いは面白かった、深夜23時から2時間以上プレイしてたのに、終始面白かった。

まぁ今回も、心のお友達と、トール先生の声は不手際で収録出来てなかったんだけれどね。Windowsの設定は色々仕込んでおかないといけないことが多いから面倒くさいねー。デフォルトで他人に声も録音できるようにしておいてよ。

でも、今回はぼく自身の声はきちんと入ってたから動画の撮れ高はまぁ少しはあるかなって。YouTuberの人って尊敬するなぁ、毎回録画録音設定間違えずに、尚且つ動画編集してるんでしょう?

ぼく感心しちゃうなぁ。

でだ、No Man’s Skyのお話。

心のお友達と、ぢるちゃんはすぐに合流してね。トール先生は少し遅れて到着したんだけれどね。今日は、心のお友達の建築チュートリアルパートを進めながら、傍らでセンチネル(敵)とのすごい大戦争がはじまっててさ。

全部戦闘狂のお前のせいだーーーー!!ぢるちゃん!!vvvv

誰かが隠れてセンチネルの警戒を解いてもさ、ぢるちゃんが一人一騎当千ヒャッハーで孤軍奮闘するからさvvvvセンチネルはぢるちゃんを索敵する訳じゃん?だから援軍が無限に來るのvvvvくそワロタvvvv

逃げ惑う女の子(心のお友達)、ヘタレボス(ぼく)、冷静に整地したり燃料を渡す知識人枠(トール先生)。カオスな集会だったなぁー。あー面白かった。お腹の底から笑ったよねー。

このカオスこそ身内プレイの醍醐味だよね。別に怒ってるわけじゃなくてさ、本当に楽しかったんだよ。ぢるちゃんにも感謝してる。身内でしかこのカオス連帯感ってそうそうでないでしょー(笑)って言うか、センチネルウォーカーだっけ?センチネルの大型二足歩行兵器。

あれはじめてみたけどすごいねー。ほとんど強襲人型決戦兵器じゃん。初期のマルチツール(銃)じゃほぼダメージ通らないんだもん。もはや変な笑いがこみ上げてきたよ。

戦争パート以外では、ぢるちゃんが野生動物に乗っていたりなんかもしてたなぁ。野生動物って、いつの間にかペットに出来るようになっていたんだね。2016年や、2018年のバージョンではそんなのなかったなぁ。ぼくもなんか次回かわいい動物をペットにしてみようかなぁ?

ペットにすると、騎乗中は毒とか灼熱のダメージ喰らわないんでしょう?そんなの絶対に良いじゃないですかー。惑星変えても付いて來てくれるのかなぁ?そいつら。

心のお友達がチュートリアルで、埋没モジュールを掘り当てるパートを手伝ったりね。やー大冒険だったねー。この惑星寒いからさぁ。早く掘らないと、エクソスーツの体力維持がどんどん減っていくのね。

心のお友達「助けて死にかけてる」みたいなシステムメッセージ出しながら、必死に駆け回ってるし。上記の通り、周囲は大戦争だしさ(苦笑)カオス過ぎる見た目だろvvvv

それでも、彼女ね。このパートで穴掘りに目覚めてねー。地形をゴリゴリ変えるのが、マインクラフトでも大好きだったからなぁ彼女。その後、しきりに「穴を掘りましょう」「穴を掘ってかくれる、そう隠れるの」「穴いる?」って、どれだけ削岩好きなのーvvvv

チームの唯一の常識人枠、トール先生しかいない(笑)トール先生は今回も、心のお友達が「宇宙船が発射するための燃料がない、そうないみたい」と言えば、燃料を渡し、心のお友達の基地の前の段差が入りにくければ土地を整地したり。

唯一冷静なおじさま(笑)

おじさまと言っても、声に限ってだけ言えばぼくよりも若いんだけれど。トール先生と、心のお友達の声は若いよねー。

トール先生ね、前回のぼくのアルテミスミッション(メインストーリークエスト)で、物資持って救援に來てくれたりねー。準備が良いし、物事の説明もぼくより上手だしね。ぼくなんか、自分で自覚あるけれど、心の友達や、みちゃんたちに「じーじは賢いんだけれど、他人への説明は下手ねぇ」って言われるほど、説明下手だよ?(笑)

説明上手な人尊敬しちゃう

そうそう、気付いたんだけどNPCって。交易場とかじゃない。なにもない平地に宇宙船ごと降下してくる事があるんだね。センチネルとの大戦争中に、普通に格好良い宇宙船とかが降下してきて、スゲーって見上げたもん。

こんな事ってあるんだねー。おったまげたよねー。普通に格好良い宇宙船なんだもん(大事な事なので二度目)。あ、ぢるちゃんの宇宙船も、白くて大きくて格好良かったなぁ。

宇宙船格好良いのに、乗り換えたいなぁ。お金貯めなくっちゃだなぁ。

最後はみんなで集合照片(写真)撮ったりなんかしたりしてね。いやー、本当満足の二時間ちょいだったねぇ、また集まろうねー。

誰だお前?(你誰是)

【前回までのあらすじ】

記憶をなくして、過酷な惑星に投げ出されたぼくは、壊れた宇宙船を修理してついに惑星から脱出に成功する。その後、アルテミスなる先人宇宙冒険家の救難信号を受け取り、座礁ポイントに向かうも肝心のアルテミス本人はいなかったのです。

その後、宇宙に再び出ると謎の空間異常が起こり、スペースアノマリーなるデススターの形状をした巨大人工惑星が出現(過去にPS4版をしていた頃に、ここまでは進めた記憶有り)。

どうやら、デススターの主である”ナーダ“と”ポーロ“はアルテミスなる冒険家の友達だったようです。アルテミス本人と会話をするために、ぼくはソジウムを集めて、高度の高い通信塔から立体通信装置を起動して、ついにアルテミス本人と会話することに成功したのです。

アルテミスいわく、見知らぬ場所にいるとのこと。その場所は一体全体どこなのでしょう?それを特定するための行動がはじまりました。

↑ここまでが、前回までのあらすじ。スペースアノマリーが出現するところまではチュートリアルも兼ねていたようなんだけど。自由なオープンワールドゲームだから、別にストーリーを進めるかは自由なんだけれど、折角だから作品の世界観を深く知りたいからね。

さて、そのような訳で三点測定法でビーコンを撃ち込んで、アルテミスの現在位置を割り出したのだけれど。ここでおかしな事が発生したんだね。そのようなでたらめな星々の並び、星図、座標はNPCの誰に聴いてもわからない。知らないって言うんだ…。

み先生風に言うなら「へんねぇ?そんな変なことってあるかしらぁ?」ですよね。アルテミスさん、あなたどこに閉じ込められているんですかぁ!?

とりあえずアルテミスさんが、見つからなかったことをナーダとポーロに報告するために、一旦デススターに向かうことにするよ。まったくわけがわからない。一体全体なにがどうなっているんだろう?大宇宙は不思議が一杯だなぁ。

まぁ、面白いけどね

それにしても、酔わなくなったのは本当に助かるなぁこのゲーム。リリース時は一人称視点しかなかったからさぁ、本当にゲロ吐くほど酔ったんだよねぇ。グラフィックは、PC版だからなのか、PS版もその後のアップデートで良くなったからなのかはわからないけれど、かなり明確に2016年や、2018年の時よりも良くなっている。

このゲーム造った人、本当にがんばったんだなぁ。

デススター(スペースアノマリー)内部。ネオトキオみたいな(ネタが古い?)、綺麗な街並み。刺さる人には刺さるんじゃないかなぁ?このビジュアル。電馭叛客2077といい、最近はサイバーなゲームばかりしてる気がする。

猫のサイバーパンクADG(アドベンチャーゲーム)もそうだしね。PCをROGに代えてからPCでゲームする事も多くなったなぁ。PCでのゲームは2007年のSecond Life以来とんとご無沙汰だっらからなぁ。たまにはPCでのゲームも良いものです。

さて、ナーダにアルテミスさんの事を報告しないとだよね。しかしそこで、衝撃的な事実が判明するのです。

えっ!?アルテミス、時空の狭間に落ちて死んでたの!?

どうするんだよ…。折角探り当てた先人冒険者が既に死んでたなんて。じゃあ通信を送ってきてたアルテミスさんは、ウラシマ効果かなにかで捻れか遅延で通信してたってこと?はじめから死んでたのかも知れないって言うなら、必然的にそう言う事になるけれど。

へんねぇ?そんな変なことってあるかしらぁ?

お母さん、大宇宙は不思議がいっぱいですね(by二ツ橋陽輔心の声)。

しかし、まだひとかけらの手掛かりが存在したのです。それがアルテミスさんが通信の最後に発した”アポロ“なる人物。アルテミスと、ナーダは友達のようですが。アポロに関しては、ナーダもポーロも知らないもよう。

アルテミスなる「誰だお前?」案件の手掛かりがつかみはじめたところで、アルテミスさんはいなくなり、今度は別の「誰だお前?」案件のはじまりですよ。

通信装置からの立体映像で会話に呼び出すことにせいこうも。ほんと、このアポロさんも誰だお前?的、前衛的な顔立ちをしてますね…。現代アートみたいな顔してる…。そう言えば、2018年の頃のNo Man’s Skyの兄も、こんな前衛的な顔してたな…。

このゲームは、心地よい孤独感と、心地よいシュールさの共存する良ゲームだなぁ。

さて、No Man’s Skyのメインストーリーですが、この”アルテミスミッションなる話の他に、アトラスルートなる話もある模様で。今回その片鱗についに接触する事が出来ました。どうも
No Man’s Skyの世界ではアトラスなるものが神に等しい存在と言われているようです。

そのアトラスなるものと会話するためのターミナル端末が、↑こちらの、アトラスステーション。デススター(スペースアノマリー)とは別のヤバさ漂う人工衛星。なんか惡そうなオーラと、禍々しい威圧感を放ってる。

このアトラスステーションなるものが、宇宙にはいくつかある模様で。1つ目をデススターのポーロの割り出しで発見したので、今回ダメメインストーリーのついでに寄りました(これもメインストーリーらしいですが)。

宇宙映えする建造物…。絶対これ惡の城だよ…。などと独り言を言いながら、宇宙船近付いた訳ですけれど。デススター同様に、近付くと自動でゲートオープンで、ぼくを中に迎えてくれるわけです。

そう言えば、この世界には反アトラス連合なる反アトラスの海賊もいるもよう。おっかないと言うか不穏な感じのする宇宙ですね。まぁ、ゲームですからね、このような戦いの予感のする要素もないとね。宇宙は夢と冒険に溢れているのです。

と言うか、あーる兄も、トール先生も、ぢるちゃんもみんな格好良い宇宙船に乗っているから、ぼくも新しい宇宙船に乗り換えたいんですけれどー。宇宙船って高いよねぇ…。リアルではセレブなぼくも、No Man’s Sky貧乏です。

デザインにこだわった宇宙船に乗り換えたいなぁ。もう一度言うけど、高いけど!!Cクラスでゲーム内通貨、50万くらいかなぁ。Cクラスでもギリギリ買えるかどうかくらいしか貯まっていないからなぁ…。

ぼくが宇宙船を乗り換えるのはイツニナルコトヤラ。

アトラスステーション内部はこの黑紅(黑赤)を基調とした、ヤバいムードって。あぁそうか!!チュートリアル序盤の『赤い眼に気を付けろ。赤い眼はいつも見ている』って、もしかしてアトラスなるものの事だろうか!?すごく、そんな気がしてきた。

さすがNo Man’s Sky界の神にも崇められる物体。不穏感がバリバリですよ、バリバリ。宇宙船を停泊させたポートの先に、当のアトラスとコンタクトするための端末があるのですが…。

それがね、なんというか…。

こちら!!ヤバい威圧感!!

こっちが問いただしているんだが?

復帰後、のんびり進めているNo Man’s Skyは復帰前よりも順調なんだよね。相変わらず不思議がいっぱいなのは変わらないけれど。不思議なりにも、順調と言ったところ。とりあえず、デススター(スペースアノマリー)の主要NPCナーダ(種族コーバックス)と、ポーロ(種族ゲック)の友達が。

前回座礁してた宇宙船の主『アルテミス』のお友達らしいことは把握した。そのアルテミスが通信で、ぼくを呼ぶんですよ突然。でも、宇宙規模の長距離通信をするにはその辺の通信施設ではダメみたい。

惑星上の比較的高さがある塔から通信しないと繋がらない規模らしい。とりあえず高めの通信できる塔を探すか…。

風險(危険)を伴うといけないで、とりあえず前回発見した惑星ポータルの隣に造った基地(家房)に戻って念入りな身支度をしよう。宇宙の旅では何が起きるかわからないからね(今回は心の友達のいる星系の惑星上に長期滞在中だけれど)。

宇宙言語學や、惑星上の遺物は結構研究したけれど。ぼくは、探検家志向で、ぢるさんや、あーる兄、トール先生のように大型宇宙船をまだもっていないからね。用心に用心を重ねて準備した方がいい。

戻る途中に綺麗な朝焼けで大型宇宙戦艦(上記画像参照)とすれ違ったけれど。いつかあぁ言う艦をもちたいなぁ。と思いつつ、今はそれは後回しだ。心の友達を置いては行けないし、しばらくは探検のフェーズ(時期)。

問題の時折宇宙船に入ってくる緊急通信の画面がこちら。この通信の波長のせいで、主人公(ぼく)をアルテミスと勘違いして、普段は敵から身を潜めるためにデススターと空間ごと潜伏してるナーダ達が、デススターごと姿を現したのが前回までのお話。

ナーダ達もあんまり詳しくはアルテミスについて話してくれないし。アルテミスは、何故記憶をなくしたぼくに通信を送ってくるの?つかお前誰やねん…。こっちが教えて欲しいよ。状況がまだまるでわからない。一体全体なにがどうなっているの?

まぁ自分の身元もわからないし、このNo Man’s Skyの宇宙は広すぎて孤独感と言うか、2001年宇宙の旅感あるので、NPCがいるならその願いくらい聴くけどさ。って、言う気持ちになるくらいこのゲームの世界は広いんだよね。

さて、そんなこんなでポータル横の自宅に帰ってきたので、孤独に旅支度。今日は、心のお友達はログインしてないのです。だから、おもに1人で旅の支度をね。ソジウムとか銅で、アイテムインベントリがパンパンだけど、銅は心のお友達のチュートリアルでもまた使うと思うから、プレゼント用に残しておこう。

酸素は生命維持のために、なるべく多く持っておこう。炭素もビームのチャージ用に用心して多めに持って行く。さて、こんなもんかな。準備はできたから行きます。まず宇宙船でキーボードのCキースキャンで、宇宙船の近場の比較的高い塔の位置をスキャンする。

見つかったのでそちらに向けて飛んでいく。ブーストかけて数分の距離か。

見えた、これだ。この通信塔なら条件にぴったり。近場で宇宙船を降りて、極寒の惑星だから寒さで死なないように迅速に向かおう。せっせっ、せっせっ。ふうしんどい。

毒を噴き出す植物が近場に多いけどビームで焼き殺して、酸素を得ながら塔目指して一直線。塔が視認できる距離でも大きいから迷子にはならない。

塔に到着。凍える前に、梯子(はしご)をせっせっ、せっせっ。アルテミスのためにせっせっ、せっせっ。ふうしんどい。でも広い宇宙で出会った、数少ない関係者だからね。話を聴くためにぼくはがんばる。

せっせっ、せっせっ。凍える前に、梯子(はしご)をせっせっ、せっせっ。全然関係ないけれど党の途中の梯子が、方向キー油断したら落ちる感じに柵がなくて少し苦笑したんですけれどね。よし頂上に辿り着いたぞっと。

これだこれこれ。よし、通信機を起動って…、えっ?起動にソジウムが30個必要なの?ははーん。ねっ?念入りについて準備してきてよかった。運良くソジウムは事前に持ってきてるんですよねー。探検家は準備が大事ってよく听懂(理解)出來る一例ですよねー。

って、事でソジウム30個を投下。ようやくアルテミスとやらと通信できるぞ。

いや、だからそれはこっちがききたい。お前誰やねん?アルテミスさん。とりあえずぼくの位置を特定したいの?そしてあなた、少し困った状況のところにいるって?

いや、だからそこはどこなんですか。わたしは誰なんですか?

あぁぁーっ、もう消えるの?No Man’s Skyは不思議がいっぱいだぜ…。まぁまたいつか会えますよね?アルテミスさんとやら。とりあえずまたしばらくは言語學習得と、惑星の遺物巡りかなぁ…。

ポータルってなんだろう

アルテミスの座礁船を見つけた。これでチュートリアルも終盤に近づいているはず。この後確か、2018年の記憶では空間異常が検知されて、デススターのような建造物が現れるはず。現れるよね?

現れたぁぁっ!!

やっと、PS4でやっていた頃のデススターみたいなのまでチュートリアル進んだぁ!!これでチュートリアル完了かな?ながかったなぁ。デススターの内部、非常ににぎやかになってて、他のプレイヤーもいるHUBとして機能してるんだねぇ。

数年の間に、すごく進化してる。2018年頃なんか、内部にSTORY関係者の、コーバックスとゲックが、それぞれ1人ずつしかいなくて滅茶苦茶寂れてたのに…。あいつらは、まだいるのかな…。

すげーシャレオツな、サイバーパンクの街並みになってるじゃん、内部構造。4年ほどでグラフィックも進歩したものだなぁ。今でもPS5はともかく、PS4でもこんな綺麗なグラフィックで見れるのかなぁ?それともPC版だけ?

でも、10月にSwitch版も出るんだっけ?なら、多少最適化したら平気なのかもだね。やべぇ、グラフィックが綺麗すぎてワクワクしてきた。

わけわからんコーバックスと、ゲックのNPC2名様は探したらいた模様。良かった良かった、やっぱり、このなんか良くわからんこいつらいないとね。こいつらいて、なんぼでしょう?No Man’s Skyはやっぱりね。

チュートリアルはやっぱり終わったっぽいな、これからはストーリーを進めるか自由に惑星を旅して生きるか、どうしたもんかなぁ。まずは心のお友達のチュートリアルを手伝う予定だから、もう少しはこの銀河系にとどまろうかな。

そのようなわけで、心のお友達と一緒にスタートしたこの惑星の調査をもう暫く。そうするとマーカーに”ポータル“なる物が示されてるんだけど、何で示されてるんだろう。俺またなにかしちゃいましたか?

とりあえずポータルなるものが示す場所に向かってみよう。通常飛行で推定距離14分…、結構遠いな…。マーカー付けてあるから、一度宇宙に出てからパルスエンジンによる再突入の方が早いだろうけど…。自己があると怖いから、のんびり目的地を目指す。

着いたけど…。はて「????」ぼくにはよくわからない、謎のタワー。これなんですかー?相変わらずNo Man’s Skyは不思議がいっぱいだぜ…。

私はNo Man’s Skyに帰って來た!!

大家早安(おはよう),ボンドルド卿です。冗談です。いやー、ここまで長かったねー。PS4を台灣に持って來ていないから、せっかくASUSの電競電腦(ゲーミングPC)があるから、PC版でNo Man’s Skyをプレイしようと思いたって現在に至るまでが。

Steam版は立即(すぐ)にインストール出來たんですよ。ただねー、陽輔(クリムゾン・S・テディ)さんね、No Man’s Sky結構やってたの2018年頃ですよ。

(※正確には発売日2016年?2017年?には買ってたけれど、その頃は一人称視点しかなくて、酔ってあまりプレイしていなかったんですね。2018年には三人称視点が実装されていました)

ですから、2018年頃のおぼろげな記憶しかなくてね(記憶力は天才なので良い方なのですが、流石に加齢でメモや証拠を残していない記憶はおぼろげ)。いやー何をするにも思い出すのが大変でしたよ。

見た目だけは少年のままでも、確実に中身は加齢していく。年はとりたくないものですよね。以下に思い出した事や、教えてもらってわかったことを自分メモとして残しておきます。

【精製機】

Windowsの場合Zキーから造る(最初わたしは、メニュー画面のUI内。マルチツールやその他から開発出来ると思い込んでいたので、精製機の設計図をチュートリアルのバグでなくしたのだと思い込んでいた)。

【日本語テキストチャット】

半角ローマ字しか打てないので困っていたら、Twitterで教えてくれた人がいました。どうもこれは初期からの仕様と言うかバグのようです。

全画面モードでは全角は入力が認識されない模様。ウィンドウモードで、別窓から打ち込んだ日本語テキストをコピペしなければいけない模様。困ったものです。

とりあえず、宇宙ステーションにまでは到達出來たので昔のぼくの見た目に戻ることが出來ました。良かった良かった。いやー、いつもながら海外のゲームは不思議がいっぱいです。特にNo Man’s Skyは翻訳やグラフィックのトータルな印象から、シュールさが高いですからね。

欧米(美國)のゲームよりは、バタ臭くなくて好きなんですけれどね(No Man’s Skyは英國のゲーム)。

Up dateが多過ぎる

哈囉~。俺です、僕です二ツ橋陽輔です。なんぼなんでもUp dateが多過ぎでしょ。Windows Up dateがない日に限ってASUSの設定ソフトがUp dateかけてきやがる。最近はなんでもかんでも後からUp dateすればいいと思って。

細かいバグ取りとかはさ、大型Up dateの時にまとめてやって欲しい。その分回数を減らしてください。なかなかソフトを起動させてくれないんだもの。こっちは早く遊びたいんですよー。

で、再起動も済んで終わったと思うでしょう?その関連ソフトウェアのUp dateもはじまった…。ふざけてんの?(苦笑)いい加減にして欲しい。ぼくは暑さが苦手だから、でさえ夏場はイライラするんだから。Up date文化を否定はしないけど、後からUp dateさせればいいや的な仕事はやめてほんとう。

でさ、ASUSの設定ソフトウェアの更新が終わったら、いよいよ遊べると思うじゃん?普通思うじゃないですかー?ところがですよ。

あぁぁぁぁっ!電馭叛客2077(サイバーパンク2077)、お前もかぁぁぁっ!なんだってゲームのUp dateが40GBもあるんだよ!!ふざけてんの?(苦笑)本気(マヂ)いい加減にして欲しい。お前はFF15なのか?なぁ、お前はFF15なのか!?

最近のすぐにソフトを遊ばせてくれない風潮ほんとなんなの?まったくわからないわからない。わかりたくない。あぁ、いやだいやだ。市中引き回しのうえ、打ち首獄門島流しにしたい。

しないけど

夏場は本気(マヂ)でそれくらいの怒涛の勢いで、イライラ募って憤死してしまいそうな雰囲気的気配で御座いますよー。

しないけど

でさ?サイバーパンク2077のUp dateが終わったらようやくゲーム出来ると思うじゃないですかぁ?ところがどっこい、まだなんだなーこれが。聞いてくださいよーみなさーん。

猫のサイバーパンクゲームそう言えば購入したままインストールしてなかったのか…。サイバーパンクの次にサイバーパンクのインストールとか、小粋過ぎてぼく笑っちゃう。あははははー。

死ねやクソがぁぁぁっ!!

どんだけインストールさせれば気が済むんだよ、ここはコキュートスかよ!?インストール地獄なのか!?インストール魔界へGo to Hell.このふざけた時代へようこそ、君はタフボーイタフボーイ。あぁイライラするんだからねもうっ!!

やっと遊べた…。長かったな、本気(マヂ)血管集中ピキピキドカーンして、たちまちオツムが大噴火しそうになった。憤死しそうでした。でも、まだ生きてるからNo Man’s Skyやろ…。分析レンズの修理だったな。宇宙船は8割修理出来てるから後少し。

夜には心のお友達の宇宙船修理もまた付き合う予定。ぼくがまだ生きていたらだけれどね。多分、身内ではToru Teacherが現在一番No Man’s Skyは進んでると思うんだよね。

近くみんなでマルチプレイしたいと思います。

猫のサイバーパンクゲームも起動だけはしました。どういうゲームなのかさっぱりわからないんだけど。どうやらADVらしいと言うことは事前の下調べでわかりまんぼ。猫ちゃんがサイバーパンクの街でのんびり暮らしたりするゲームなのかなぁ?

これは、少し今から楽しみなのです。アップデートで疲れ果てて憤死しそうなので今すぐは遊びませんけれどもー。

あー明日は何か憤死しそうな事あるかしらぁ?今日は憤死しそうな事ありましたのー(みちゃん風)。

No Man’s SkyはPC版もやりはじめようと思う

哈囉~。俺です、僕です二ツ橋陽輔です。No Man’s Skyはあれでしょう?ずっとPS4版(&PS5版)でずっと遊んでたんだけれど、10月にSwitch版も出るんだよね?それでクロスプレイも可能なんだよね?

そんな時期だからこそ、敢えて今PC版を買おうと思って。PC版なら綺麗な画面でNo Man’s Sky遊べると思うし、また兄やToruティーチャや、みちゃんを誘って一緒に遊ぼうかな。今回はぢるちゃんも誘ってみよう。

ワープゲートの謎No Man’s日記その3

Posted by Futatsubashi on 31st 7月 2018 in No Man’s Sky, PlayStation4, ゲーム(電遊戯)

二ツ橋陽輔ますですだぜ。
Toru先生や、あーる兄は基地にワープゲート置いたら使えてるのに、僕は上記のような画像が出て使えなかったんだよなぁ。

うーん英國産ゲームは謎が一杯だぜ

取り敢えずマルチプレイで解った仕様や、現在あるバグは多分、先生や兄と手探りで調べた感じはだいたい以下の通りだと思う。

1.マルチプレイは基本、セッション(ホスト=相手)に参加すると、相手の星系からはじまる。

2.マルチプレイを終了すると、基本的にはシングルプレイに戻れば、自分の元いた星系かはじまる。

ただし、友達と基地建設なんかをして。友達の基地コンピューターでセーブ(つまり一時セーブじゃなく自分から)すると。次回シングルプレイも友達の星系からはじまる。

3.マルチプレイ状態時に一緒に建設した物は、フレンド間のセーブデータに残る。

4.日本時間深夜3時頃から、日本言語設定、PS4が日本時間システム設定のNo Man’s Skyはエラー落ちし易くなる。

その場合、上記画像説明のようにすると直る。これは追加情報として、ロンドン時でも有効

5.基地に雇ったNPC及び、基地に設定したワープゲートは、本人しか使えない。

以上をふまえて、マルチで遊んでる時に同じ星系に僕が所有してる基地を持っても。1枚目の画像のような、ゲートエラーが出てて使えなかったんだよね。

でも、この件は解決しました!

メインストーリーを少し進めて、ハイパードライブエンジン関係のクエストの。上画像のような赤いキモい瞳を見た後に。

そのまま宇宙に出ると、緊急通信が来て。『アトラスの導を聴くか、そのまま宇宙を旅する』的な選択肢が出てくるから。

前者を選ぶと、空間異常が起きて。前のNo Man’s Skyのバージョンの時の、この画像のデススターみたいの、突然軌道上に現れるから。内部に突入

あっ、この時デススターの入り口はデススター全景画像の小さな穴。と言うか、くぼみのある所だから。

そこから侵入して頂戴ね。

中に入ると、コーバックスとゲック。たった二人の船員がいるから。彼等に話すと、無事に僕もワープゲートが使えるようになった。

ここまで進めないとダメだったんだね。知らんかったー。

これで、ワープゲートとハイパードライブが使えるぜ。

知らんかったもんだから、マイ基地あれば良いだけかなー?と思って。二人の星の月にあたる、センチネル(敵軍ドローン部隊)の巣窟になってる、小さな衛星に。

Toru先生わざわざ呼び出して、基地造りまで手伝わせて正直すまんかった(笑)あ、すいませんでした言葉遣いを訂正します先生…(苦笑)

「ジン君、ちょっと退いてなさい?汚物は消毒ですよーーーーっ!ヒャッハァーーーーッ!」

汚物は消毒だの人ばりに、色々手伝って貰った。ストーリーを進めてなかっただけなんて、すまぬ、すまぬ…。

【次回予告】こんにちは!私ちょっぴりドジでお茶目な、新星(しんまい)アストロアーツ二ツ橋陽子!今回もNo Man’s Sky観てくれたっ?

次回はねー?150℃の灼熱炎嵐(しゃくねつえんさ)渦巻く私のティーチャーToruの地獄惑星。-50℃の北海道よりもさっむーい流刑惑星。

地獄のような星系の月に、基地を作った私の基地は、センチネル軍団のアジトだったわけ。この過酷な星系の中で、私達の運命は一体全体どうなっちゃうのかしらー?


次回『星系脱出』にご期待下さい。君は銀河の中心に辿り着けるか?

おっさん3人宇宙暮らし

Posted by Futatsubashi on 29th 7月 2018 in No Man’s Sky, PlayStation4, ゲーム(電遊戯)

と言って僕(今日は比較対象が兄とToru先生なので、一人称僕を使います)が一番若いんですけど。はい、皆さんこんにちは二ツ橋陽輔です。

て言うか兄さ、貴方「機械化人にした」って言うからさ。普通、僕と同じコーバックスだと思うじゃないの!

貴方それトラベラーですから!(苦笑)昨日はじめて、兄とマルチしたら。いきなり目の前に『顔が球形の前衛的アートみたいな青い人』いて、こんなん笑うじゃん。

でも、みちゃんはゲックだし。全員上手く種族がばらけたなぁ。

ヴァイキーン以外は全部身内にいる

まぁ、ヴァイキーンは銀河の脳筋枠なので、日本人には不人気そうなのは仕方ありませんね。さながら例えるならば、グリンゴンとかチューバッカ枠…。

しかし…。
おっさん3人のカラーリングこれ…(笑)サンバルカン出来そう。

僕バルイーグルね!兄バルシャーク!Toru先生バルパンサーね。

別にライブマンの、レッドファルコン、ブルードルフィン、イエローライオンでもいいけど。

兄顔光ってる!近い近い近い(笑)
でもねーやっぱりマルチは楽しいすなー。昨日は結構長く三人で遊んでた。

後半は兄の発見した割と景色が綺麗な青い星に3人で基地を建設する作業が大半だったけど。

宇宙船乗りなのに!

でもほら、基地の建設も大事じゃん?宇宙の何でも屋、宇宙船サジタリウスとしては。あ、僕ラザーニア食べる役でお願いね!

て言うか兄の宇宙船、大型輸送船だった。こんなん笑うしかない。僕の自機や、Toru先生の自機を収容してなおあまりある巨大さなんだもん。

先っちょ丸いし、なんかエンタープライズみたい。て言うか、大型艦クラスは、デッキや倉庫を普通に歩けるのね。

宇宙ステーションとかと同じ仕様じゃん。こんなの機動帝國じゃん殆ど。

格好良いよなー

中が広いんだこれ本当に。
こちら内部写真だけど、人が乗って発船口がこのレベルなんですよ。

いやー広いですね、お宅(兄)の輸送船。

※僕の宇宙船。

積んで、この他にToru先生のとか全部積んでこれだもんなぁ。

そんで、どっかの星にみんなの基地を造ろうぜって話になって(まぁ、その話をしたのは僕なんですけれどね!)。とりあえず環境の良い惑星探し。

レルボロウ
うん、ここはダメだ。外気温150℃の地獄惑星。人の住める都(みやこ)じゃねぇ!

レルボロウはちょっと宇宙船の外に出るだけで、1分くらいで死にそうになるんで撤収。

僕、真夏にはクーラー17℃で六尺褌で過ごす位、暑さに弱いから。ゲームでもこんな所に住めません

こちら惑星リケス
青い地球型惑星で、昼間の景色はこれ青空で地球ぽくて、雄大で綺麗じゃん。よし、兄。それにToru先生。もうここにしようよ、ここで良いじゃん。綺麗だし。

ただし平均気温はマイナス50℃。北海道かロシアの辺境並かな。

まぁ、兄は北海道人ですし別に良いですね。僕は僕で、ロシアイルクーツクでも平気だったし。

Toru先生には辛いかも知れないけど

このゴールデンカムイな地に秘密基地を造りましょう。極寒の地に秘密基地なんて、超電子バイオマンの新帝國ギアが誇る、ネオグラードみたいでいいじゃん?

おっさん3人そろって(重ねて言いますけど僕が一番若くて、お兄さん寄りなんですけど!)基地建設開始。

会議なんてしない!(笑)

どう言う風に造るかなんて、阿吽の呼吸で適当ですよ。このおっさん達、仲良しだからねー(笑)どこから来たのか変な仲間、ほらほら始まる大騒ぎ♪ってもんですよ。

※兄と、兄の小型宇宙船(黄色)。

「お兄様ー、ちょっと最寄りの宇宙ステーションに行って資材買って来て下さいますー?」

※Toru先生と先生の宇宙船(黒赤)

「先生ーちょっと、僕地形削岩機もってないんだよねー。造るので、二重水素と有色金属どっさりくれますー?」

え?兄と、先生との僕のやり取りを見てると、僕が働かない極悪人みたいだって?

いやぁ、ライト置いたり、基地に旗を置いたり。

少しは働いたよ?

いやだなぁ、人を穀潰しみたいに言わんといて下さいよ。穀潰しではありません、ただの人間の屑代表です(コーバックス)ですけど

「わぁー、綺麗なガラス通路もある基地出来たぁー」

「インスタ映えする写真撮らなくっちゃー♪」

「凄ーい景色綺麗ー」

あぁ、今僕の、その日のメインお仕事決まった。Instagram担当アストロアーツね。え?やっぱり穀潰し?

でも本当に景色綺麗で、良いとこに基地造ったなー。

寒いけど

No Man’s Sky NEXT面白い

Posted by Futatsubashi on 28th 7月 2018 in No Man’s Sky, PlayStation4, ゲーム(電遊戯)

二ツ橋陽輔ですますだぜ。

PS4のNo Man’s Sky、面白いは面白かったんだけどさ。初めて書いた時の日記でも言ったんだけどな。

激しく酔うから、暫く疎遠になってたんだよなぁ。

で、三人称視点とオンラインマルチプレイが追加された、NEXTアップデートがPS4にも来たって言うからさ。早速ダウンロードした訳だよ。これアップデートが10GBもあるのなぁ、ほぼ作り替えかな?

マルチプレイ早速体験した来たよ。いつもの人(Toru先生)と。やっぱり宇宙物でのマルチプレイはいいねぇー、もうNo Man’s(ぼっち)じゃない!とは言え、前の孤独感も、それはそれで好きなんだけどね。

ただやっぱりマルチ出来るようになったとは言え、セッション組めるのは仲の良い友達4人とまでだから。2001年宇宙の旅的な独特の静寂感は残ってて、雰囲気は壊れてない感じ。

グラフィックの質もこれ、明らかに前のNo Man’s Skyより上がってるよね?これね。

あっ、3人称視点出来るようになった自アバターは例によって赤い方が俺です(笑)赤好きだからねー、仕方ないねー(苦笑)で、Toru先生も例によって黄色。

なんだろう、自分の中では。

俺赤あーる兄&井之上弟青Toru先生黄みちゃんオレンジみたいなイメージカラー、既に脳内に対象相手のブランドカラーとして出来上がってる。

多分色に関してはそれほど間違ってない

※へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?スクリショ(画像)1枚分だけ、みが日記書くわよ。そう、書くの。

みも、ノーマンズスカイアッププデート(アップデート)来るって調べはついてました、そうついていたの。

だからー、なんとみも久しぶりにノーマンズスカイに帰って来たわよぉ。

ソロモンには帰りませんけど

あっー、そうねぇ。それね、みの種族はねぇゲックって言います。

カエルみたいなネズミみたいなナニカ

ちなみいいましてー、教えときますとー。じーじとあーるお兄さんは機械化人のコーバック、トールおじさまは地球人タイプねぇ。

他にみっぽい可愛い種族がいなかったのよねぇ。

トラベラー言います、シュールなのにしますかと思いましたやんねけども。

シュール過ぎた(主にお顔)からやめた。あんたたち、みんなピカソか、現代アァトみたいな顔してんのよねぇ。

じゃあみはゲックでやりますからー。じーじ、後小粋なトークお願い。

戻すわよ

今晩和、司会を戻されましたペンタゴンとブラックホールの四次元殺法コンビです。

良い子の諸君! 

よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りのバカが「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだって。

あぁ間違えた、これ四次元殺法コンビのアスキーアートの発言の方だわ

冗談はさておき

このアバター、ボンドルド卿とかバイオハンターシルバ的でもあるな。

そう!アバターなぁ、ジェスチャーも出来るようになったんでマルチプレイの時、コミュニケーション取りやすくていいな。

PC版はキーボードチャットも出来るようだけど。PS4やXbox One版にもキーボードチャットおねしゃす。

備考だけれど、ボイチャも出来るらしいので。現在Amazonでボイチャのヘッドセットも注文中だ!うん。

マルチプレイが出来るようになると、一緒に宇宙を戦闘機(宇宙船)で飛んだり、柿崎ごっこ出来たり、サジタリウスごっこ出来るんですよ。

男のマロンだね?あっ、ロマンだった

ここで1枚、Toru先生と。酸性雨の雨が、日中は降りしきる、有毒惑星の無人島からをどうぞ。

資金がたまるとフリゲート艦隊も持てて、スタートレックごっこや、銀河英雄伝ごっこも出来るなぁ。楽しみだなぁ。

フリゲート艦買うゲーム内資金ないけど

ただ、宇宙を飛ぶのもいいけど。やっぱり惑星探査で資源集めや。基地(お家)建設も楽しいんだよね。

あぁどこか、青い空で綺麗な景色の惑星に基地作ってこじんまり『宇宙のなんでも屋』やりたい(笑)

宇宙ステーションや、惑星での写真ばっかりだったから空のSSも1枚。

これは惑星への大気圏突入時のSSだね。前方をToru先生が飛んでる。宇宙→大気圏→地表と流れるように綺麗な絵で変わっていくので。本当にパイロット気分で楽しい。

操作もあんまり難しくないしね。惑星と言うか宇宙には、1,844京の星があるんで、フレンドの座標で遊んでも友達とのんびり遊べてオススメ。

惑星削岩や地形変動、基地造りも出来るのし。NEXTアップデートで酔いの問題やらも大分改善されて遊びやすくなったので。

是非とも遊んでみてくれ。

No Man’s Sky久々に

Posted by Futatsubashi on 4th 12月 2016 in No Man’s Sky, PlayStation4, ゲーム(電遊戯)

 基地(拠点化)が造れるようになったって言うから起動したら酔った… 。

No Man’s Skyやりはじめたけど面白い

Posted by Futatsubashi on 2nd 9月 2016 in No Man’s Sky, PlayStation4, ゲーム(電遊戯)

巷での評価は、良いか悪いの二極端で。中間がないゲーム、No Man’s Sky。兄や、みちゃんがやりはじめてるから自分もやりはじめた二ツ橋陽輔です。おはよう御座いますだぜ。

あっ、買ったのはPS4版の方ね。Steam版の方じゃなくて。

でだねー、このゲームまぁ完全に人を選ぶゲームだったのはまぁそうなんだけど。世の二極の、酷評部分に反して、自分にはガッチり適合したゲームだったなぁ。

自分ゲハとかあんまり好きじゃないんで、遊ばないで「やはりこうなりましたか」とか「少し考えたらわかりそうですが」みたいな論調で、遊ばず批判するのもどうかと思うしね。

で、本題NO MAN’S SKY。

俺は2時間やって3D酔いで吐いたんだけど、それはロクヨンの007ゴールデンアイでも、マインクラフトでも、スプラトゥーンでも酔う位なんでほうっておいて(苦笑)TPS視点だったらバイオハザードでも、Second Lifeでもなんとか耐えられるんだけど、FPS視点しか設定ないと、俺みたいなのには辛いよなぁ。

あ、きちんと病院のトイレで吐いたから!(笑)

地味に最初始まる星がランダムで、尚且つ俺のスタート地点の惑星が放射線に汚染されまくってて、長く野外活動出来ないのも。こまめにいったり来たりで、酔う原因になったんだよなぁ。

いきなり大宇宙からはじまる訳じゃなくて、最初チュートリアルも兼ねて。スタート地点の惑星で、自分の宇宙船の修理からはじまる上に、なんの説明もない(少しずつ申し訳程度にナビはあるか)から、詰む人は、ここでクソゲー認定しそう。

まぁ、確かに開発者がビッグマウスな所もあって、まだ未実装要素も多いし。極端に人を選ぶゲームだし、酔い易いけど。それらマイナス面さっぴいても、今後もアップデートしてくれるそうだし。合う人にはめちゃくちゃ合うゲームだし、面白いよ。

目的を与えられるんじゃなくて、自分で探せるタイプの子には合うゲームだと思う。