Posts Tagged ‘VRChat’

声拾えてるじゃん

Posted by Futatsubashi on 9th 7月 2019 in Oculus Quest, ゲーム

QuestのVRChat、自分の声が出てないように思えて。内蔵マイクいかれたのかな?でもこないだ、女の子友達とOculusの標準ボイチャで話せたし、へんだなぁーと思ったんだけどさ。そこに、丁度ロシア人の知らない方が来て、会話出来てたから、自分の声がまるで反響しないからそう思い込んだだけだった。

你好~。俺です、僕です二ツ橋陽輔ですだぜ。

このAvatarは、Quest用のVRChatHomeで貰って来たもんだけど。案外Quest用の制限の中で、結構綺麗に造れてるもんなんだなぁ。

自分のとこのAvatarも、極力綺麗に見せつつQuest向けには5000から10000のポリゴン内収めたい。

あっ、横の犬の人はそのロシア人ね。ロシア語弱いんで(まるで話せない訳じゃないけど)、会話にはならなかったけど、ボイチャ通じてて良かった良かった。

団長のおっさんのQuestが届くの待ちながら、あんたポーカー(Poker)好きって言うから接待用にポーカーソフト入れて待ってるんだけど。早く来いよー(笑)

ポーカーのルールまるでわからないから、ログインボーナスのチップばっか貯めてるぜ!(苦笑)

そう言えば、Gravity Skechなかなか配信されないなーって、ストア見てたら。Racket NXもQuestに来るんだなー。

これRiftで見た奴だ。

でも、俺はApollo11 Questのが、今買おうか迷ってるんだけどな。暇つぶしにはなるかなぁ?

ドキュメント系のVRはナショナルジオグラフィックスの南極探検のやつ面白かったしなぁ。別のとこから出てる、アンネフランクのVRは政治色強い上に、あんまり面白くなかったけれど。

アポロ11のなら面白そうだよなぁ。

いけないなー、ストアのソフトなんでもかんでも欲しくなる。昔、PCエンジンのソフト(Huカードの方)のハドソンのナンバーなんでもかんでも買い揃えてた時代を思い出しちゃう。

再キャリブレーションでなおりました

ダブルピースでこんばんわ。

晩安~。クリムゾン・S・テディです(泰迪緋紅)。先程(さきほど)の日記の後、Steam VRの床設定のキャリブレーションを調整したら、アバターが床にめり込む現象はなおりましたぁ。

あれですね、これでPC版と、Quest版両方のVRChatに、Oculus Questからだけで入れますよねー。便利な話ですよね。

後はトラッキング関係の調整と、VT-4(ボイスチェンジャー)をQuestに単体で持ち込めるようにしたら、VTuber生活が捗りそうですよね。

ボイスチェンジャーの件は、明日あたりAmazonさんから、USBオーディオインターフェースが届くからそれ使えばなんとか解決の糸口はつかめそうなんですけどね。

とりあえず、それは明日になってみないとわかりませんけれどね。これでアバター関係の制作も終わりに近づいて来たので。

後の最優先任務は、ネオクーロンか台湾ぽいサイバーなワールド造りだけとなります。モデリングできる、一緒に遊ぶお友達も募集してますからねー。

やー、僕可愛い。

ところで、話は変わるんですけれどね?
本日は昼間、朝に近い昼かな?外國の方と今日もソード・オブ・ガルガンチュアを野良PTプレイさせて頂いたんですよぉ。

今日の外國のお友達の方々ノリが良かったなぁ(苦笑)

ロビーで、その場で寝てたり、スクワットしてまぢたもん^^;;;ねっ?面白い。

Oculus Questオススメソフト

Posted by Futatsubashi on 22nd 5月 2019 in Oculus Quest, ガジェットレビュー, ゲーム

(※画像クリックでダウンロードサイトへ)
●Vrchat.

無料

オススメ度★★★★★(二ツ橋陽輔)
オススメ度★★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋陽輔
Second Lifeっぽいあれ。メタバースと言うかバーチャル空間ぽいやつ。VTuberさんとかが多く使ってるから土着した感じのあるソフト。

自分もVTuberやろうと思って、パソコンでも出来るけど。Questにも出るなら、Quest購入候補だなと。Quest本体買う購入動機になった、きっかけのソフト。

Unityや、3Dモデリングソフトから自分でデータを持ってこれる人ならね。きっと超楽しいと思うよ。

無料だよ。

■二ツ橋み
今、ちまた(そのへんのこと)で流行っておりますVTuber御用達(つかうって意味)のバーチャルな世界をつくったり、見たりできますソフトかしらぁ。

むかし、じーじがいたと言う。『いにしえの』セカンライ(Second Life)に似たソフトねぇ。み、じーじのためにせっせと、UnityやZbrushそのほかのソフトを駆使して。

このVrchatに、キャラクターや絵や世界をおくりこんだわ。じーじ御用達のデザインアーティストも大変ねぇ。じーじも絵とかモデリングは出来るんだから、もっと働きなさいよ!

そういいましてー、このゲームはこれからVTuberめざすひとや。なにか物作りが好きな人には★5個をあげますけど。VR初体験の人まで全員楽しいかといいましたら、むずかしい部分もありますから。

みは★4をつけます。
でもぉ、オススメには違いありませんのー。

(※画像クリックでダウンロードサイトへ)
●Sword of Gargantua.

値段不明

オススメ度★★★★★(二ツ橋陽輔)
オススメ度★★★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋陽輔
Twitterで、ツイッタラーの皆さんや、VTuberの人達が「Oculus Questでも出る」って話してるのを目にして一目惚れしたソフト。

SAO(ソードアートオンライン)みたいな世界で、剣劇アクションをする。マジでSAOみたいな格好いいネットワークゲーム。

ただ、最初ツイッタラーや、VTuberの人の会話以外どこにもQuestで出るなんてソースが、公式サイトはおろか、ググっても出てこない。その噂の真実を危ぶまれたソフトでもあるんだよね。

結果的にはリリースされるって判明して超嬉しかったなぁ。SAOみたいな未来のネットワークゲームの世界に生きたいなら、これ!

■二ツ橋み
Vrchatはー、おもしろいですけれどもぉ。クリエイター気質の人ですとか。自分で色々つくれます人以外には、すこし『しきいがたかい』(むずかしいという意味!)ですから、★4にいたしましたけれども。

これは★の数は、じーじとおなじで文句なしの★5個をあげますわねぇ。

アニメーションの中に出てくる、バーチャルの世界にはいりこんだようなアクションが楽しめますのよー。あなたも、あなたも、あなたも、あなたも。お坊ちゃん、お嬢ちゃん、みなさんキリトになれまぁーす。

もちろん腕がうまければですけれども。

あとー、みねぇPSVRの時は5分でおえって吐きそうになりましたけれどもー。

※過去マンガ参照

このOculus Questでは全然酔わない!ですから、そこもこのソードオブガルガンチュアでの体験を底上げしてると思いますのよー。

(※Quest版は近日配信なので、プレイ感想はRift版基準)

さてさてー、皆様もーLet’sガルガンチュア!!

(※画像クリックでダウンロードサイトへ)
●Robo Recall.

2990¥

オススメ度★★★★★(二ツ橋陽輔)
オススメ度★★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋陽輔
パソコンと繋げる方のOculus、Riftの方で出ていた人気のシューティングゲーム。元がパソコン用のOculus向けゲームだから絵が綺麗なんだ。

「え?スナドラ835で、こんな綺麗な絵が出せるの?十分じゃん」

って思わせる位に綺麗。良く見ると、街のテクスチャが、一部簡略化されてたり。影が出てなかったりするけど。Oculus Questのチップセットは、モバイル向けのSnapDragon835だぜ?

十分頑張ってるでしょ。

■二ツ橋み
ようするに”ロボバンバンシューティング”

Oculus Questに限りませんけどー、VRゴーグルにこう言うシューティングゲームおおいのは。VRとシューティングの相性がいいからだと思うのやんねー。

一人称(自分からみたって意味)視点ですものねぇ、基本的言いましてVRは。でもー、沢山シューティングゲームばかりありますと、VRシューティングではクソゲーをつかむ率も高くなりますの。

それが「VRゲームってクソゲーばっかじゃん」ってイメージにつながりますのよねぇ。

でもー、これは別!グラフィックよし、操作のうごきよし。超すごい、安心安全の花丸◎。

(※画像をクリックでダウンロードサイトへ)
●Tilt Brush.

1990¥

オススメ度★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋み
“バーチャル水森亜土”

ひとことで言いましたらー、そういう感じでますかしらやんねー。それだとあまりにあんまりですからー、補足(つけたすこと)いたしますとー。

三次元空間(さんじげんくうかん)に絵を描けますのよー。みや、じーじはお絵描き出来ますからー、楽しいですけれどもー。前後左右の位置関係の把握(はあく=りかいしますこと)がむずかしいかも知れませんからー、みは★3つでお願いします。ある意味実験的ソフトなのやんねー。

でも絵師には1本ありましたら。楽しーくて、アピールもできるソフトとなっておりますの。

(※クリックでダウンロードサイトへ)
●Vader Immortal.

990¥

オススメ度★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋み
“要英語能力必須”

STAR WARSのベイダー卿が出てきますゲーム。ただー、日本語がありませんから英語能力が必要な部分ありますのやんねー。Oculus Questがキラータイトル扱いしてたやつねぇ。

ロボリコールも、日本語ありませんでしたけど。あっちは基本バンバン撃ってればいいんで特にもんだいありませんのー。こっちは少し、謎解きがありますからー。

有名なライトセイバーでのチャンバラバンバンはとてもすごいそう、楽しい。けれどー、遊園地のアトラクションみたいにゲーム1本が短いかしら。

すぐ終わるの。でもー10$ですからね。1話ごとに買うってシステムとして考えればオススメできるかしら。

1本が短いのをこうりょしましてー、★3にさせてもらいましたの。

(※クリックでダウンロードサイトへ)
●Beat Saber.

2990¥

オススメ度★★★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋み
たぶんー、これがOculus Questのロンチ(発売日に出たソフトのこと!)のなかで、一番ふつうのお客さんに敷居(しきい)が低い言いますかー。ふつうのお客さん向けのゲーム思いますの。

内容は、バーチャル音ゲーでますの。音ゲー言いましたら、音ブロックが落ちてくるのは同じなんですけど。それが立体に自分に向かってとんできますのね。

それを二刀流(にとうりゅう)刀で、バビュンバビュンと踊るように斬り倒していくの。

Oculus Riftの方で人気があったみたい。これ、女の子はとくにダイエットによさそうよぉ。かなりいっぱんじん向けのエンターテイメントでますから。

文句なしの★5つ!

(※クリックでダウンロードサイトへ)
●Space Pirate.

1490¥

オススメ度★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋み
“バーチャルスペースインベーダー”

それ以外にいい言葉が見つからないのよねぇ。だってスペースインベーダーなんだもの。って言いますかー。これもシューティングゲーム!VRシューティングゲーム多過ぎぃ。

ワルの航空ロボがワラワラわいてきますからー。基本的には即座に倒す。即座に倒さないと、ワルの攻撃では基本こちら1激で死にますからー。

とりのこすと、ワルの攻撃をさけるのがきびしくなる。バーチャルスペースインベーダー。

ただー、絵は綺麗ですけどー。ステージが少ないかしら?あと、背景の日本語のかんばんの日本語がすこしあやしい!「宇宙海賊」とかデカデカと書いてあるそんな宇宙海賊がおるか!なのー。

でもー、そういう胡散臭いとこもたのしめますならー。お客さんをえらびますけども、勘違い日本がでてくる世界好き系なら楽しめますけどー。

でも、じーじとか見てるとたまに「アメリカ人の考える勘違い日本人とか忍者ってー。勘違いじゃなくて、ほんとうは実際にいるわよね」思ってしまいますけどもー。

(※クリックでダウンロードサイトへ)
●Super Hot VR.

2490¥

オススメ度★★★(二ツ橋み)

■二ツ橋み
しょきのバーチャファイターとかー、アウターワールドとかー、アローンインザダーク。あぁ言うレトロな。昔の人が考えたしょきのバーチャル空間みたいなデザインの独特のゲーム。

またもシューティングゲームですけどもー!

映画マトリクスみたいに、動きがわざとスローモーションになるところが他のシューティングゲームとちがうかしらぁ。今みるとこう言うローポリすぎるローポリは逆にシャレオツよねぇ。

ゲームバランスが程良いのも、み的に高評価。

-番外編.み期待の1本-

●東京クロノス(夏発売予定)

値段不明

期待度★★★★★(二ツ橋み)

OculusのGOとRiftではもう出てるんですって。日本のアニメーション風のADVゲーム。やっぱりねー

こういうソフトも増えていかないとVRのはげしく流行りますことないと思うのよねぇ。こういう日本のゲーマーのお客さんが買うような。

普通の日本的な絵のゲームね。アメリカの絵は濃ゆいものねぇ。

自分メモ

Posted by Futatsubashi on 19th 5月 2019 in Oculus Quest, ガジェットレビュー, ゲーム

Oculus Questが出たら欲しいソフトの自分用メモ。

29.99$

Beat Saber
Robo Recall

19.99$

Apex Construct
Virtual Desktop

14.99$

Space Pirate Trainer

9.99$

Vader Immortal
Wander

後、フリーのVrchatとBig Screen。後発売日がいつかわからないけれど東京クロノス。

そう言えば、AndroidのOculusアプリにQuestのペアリング画面出てた。ほんとにもうすぐ発売なんだなぁ。

外人のQuestでのVrchat LIVE配信観てると割ときちんと表示されてて安心した。後はVrchat用に5000ポリゴン前後に落とした、ローポリアバターもPC用とは別に用意しておくだけだな。

Oculus Quest予約したよ

Posted by Futatsubashi on 16th 5月 2019 in Oculus Quest, ガジェットレビュー, ゲーム

最近また具合が悪いです。あっ、俺です、僕です二ツ橋陽輔ですだぜ。具合が悪いのはもういつもの事だから仕方のない事だけれども。

そうそう、そんでね。俺、と言うか僕はあれを。そう、Oculus Questを予約したんだよ。パソコン要らずでVR(ヴァーチャルリアリティ)が出来る、スタンドアロン型のゴーグル。

でもさー、俺発表されてから速攻予約したんだよ?なんで発売日の21日に届かねぇんだよ…。マゾーン(Amazon)に、Konozama喰らう羽目になるなんて…。

これね、ヤバいね。格好いいねー、まるで『フィフスセクター』か『キール・ローレンツ』がかけてそうなゴーグル。

マヂヤバい

本当はさ、PCに繋げるタイプのOculus Riftも欲しかったんだけどね。ご存じの通り、俺身体弱いし。もう昔のように長時間PC起動できないからさ。

ちなみに、お届け予定日の5月31日には俺用だけだけれど。今まで、こんな屑の俺に付いてきてくれた、手下達。特に、トール先生やミリさんには、すぐに買えるようになったら支給してあげる予定。

あっ、み先生(みちゃん)は、自費で既に予約してた(苦笑)

さすが、み先生やで…。しかも21日の発売日に届くとか、なんて隙のない女の子…。

でもこれで、Oculus Quest用にも前々から造ってたあのAvatar使えそうだし。VTuberと、VR生活が捗りそう。

こないだのスーパームーン

Posted by Futatsubashi on 23rd 2月 2019 in ゲーム, 日常, 自分の話

二ツ橋陽輔です。

こないだのスーパームーン、20日の深夜3時頃かなぁ。あいにくの曇り空だったらね、じっとまって雲間が切れた瞬間に何とか撮れた。

Mate 20 Xや、ジョジョスマフォ来てから最近は良く月ばっかり撮ってるなぁ。今度、嵐山の方に行って星空も撮ってみようかな。

でも身体弱いからなぁ(苦笑)

でも、トリミングして引き伸ばしてもそこそこ大きく撮れるから。ほんとMate 20 X好き。

それはそれとして、Toruティーチャー。貴方のVRCHATでのテストアバター。

近付いてくると髪禿げるんですけど!?(苦笑)

もうすぐVTuberになれるかな?

Posted by Futatsubashi on 22nd 2月 2019 in ゲーム, 自分の話

上着がもうすぐやっと完成しそう。上着がねーと、ショタ枠VTuberどころか。児ポ法で、國連にアカBANされそうなガチホモVTuberじゃんよ。

と、言う訳で。み先生と造ってた、VTuberモデルの上着はもうすぐ完成しそう。あっ、俺です、僕です二ツ橋陽輔ですだぜ。

キャラは『Second Life時代』からいる、あの人のヴィラン(悪役)になる前のあの人設定ね。その頃の名前『クリムゾン・S・テディ』で活動するから。

ひとつよろしくされて。

時間軸だと『少年期の終わりに』→『VTuberのクリムゾン・S・テディ』→『Second Life時代のあの人』かなぁ。

『クリムゾン・S・テディ』のTwitterはこちら。旧天竺BOTを改修したTwitterアカウントね。

フォローよろしくメカドックして下さいねぇ♪

あ?ぶりっ子?うるせー、クリムゾン・S・テディは芸能時代の頃みたくぶりっ子でいくんだよ。帰れ帰れ、塩をまくぞ。

でも、語尾がよろしくメカドックはおっさんっぽいって?そうだな、そこはなんかすまんかった。

ごめん

下着がなぁ、KINGおじのせいでテクスチャ無駄に頑張ったからな。ショタ枠キャラなのに下着はアダルティと言うか、尻丸出しだぜ。

下着の時は、DMMでしかムービー配信出来なさそうなあれだな。ショタロリ系VTuberならぬ、ガチホモ系VTuber。

やだぁ、こわぁい

VRoidでキャラを1から造ると、かなりテクスチャ描いたりしないと顔が似やすい傾向があるからね。そこは、み先生と頑張った。

自分のキャラが出来たら、Toru先生、ミミミリオンさん、あーる兄、ナチス兄さんのアバターも造る予定。

後ね、Second Lifeから撤収して。今はMinecraft版しかない武装決起企業天竺ワールドも。

現在VRCHATで造ってるから。そろそろ出来上がると思うので、出来たら遊びに来てくれ。ゲストがキャラになりきれる、アバターペデスタルもおいておく予定だからさ。

VRoidの、ポーズ撮影画面にあるポーズで、回し蹴りをすると尻が…。

丸見え!!

いや、事前に丸見えだって言ってんだし。解ってる事だけどさ。凄いね、これね。國連に児ポ法でアカBANされそうマヂで(苦笑)

とはいえ、クリムゾン・S・テディさん。多分この時代は結構もう年齢いってると思うけどね。設定上、18才以上だからへーきへーき!!

多分…(苦笑)

VRCHATはさ、ただSecond Lifeより凄い物造れるし。流石に今基準だと、Second Lifeの画は若干もう古いところあるけど。

ただ、インワールド内で物を造るのを完結させると言う意味では。Second Lifeの通常プリムで造る行程のが圧倒的に簡単で、そこはMinecraftやSecond Lifeが一歩抜きん出てると思ってる。

ただ、敷居は高いけどUnity経由で通すなら。VRCHATもかなりいいね。絵はかなり現代基準の物が出来るし、ワールドにプリム制限ないからね。まぁ、ワールドのクオリティはSLもVRCHATもピンキリだけれどさ。

あ?ブルーマーズ?なにそれ、そんなもんあったか?知らん知らん!!帰れ(苦笑)

そう言えば、これはカスタムキャストのナチス兄さん(二ツ橋桂)と、俺(二ツ橋陽輔)だけれど。カスタムキャストやカスタムメイドは、パーツを選ぶ式だから一番初心者には敷居低いけれども。

パーツがめちゃくちゃ多くて、課金式なので富豪の遊びだな(苦笑)でも、これはこれで配信までの敷居が低いところが有りだと思いました。

Simplygon

Posted by Futatsubashi on 25th 2月 2018 in 日常

続・VRChatの話(by二ツ橋陽輔)。
やっぱオリジナルアバターのがいいじゃん?でさ、テストでアゼルのアバターアップロードテストしてたんだけどさ。

上記のような、エラーが出る訳よ。どうも、2万ポリゴン以下に自キャラは抑えろって事と、アッパーチェスト(大胸筋)のボーンリグ消せみたいなエラーだと思うんよこれ。

Unity上で吐き出されたエラーみると、洋服全部剥いでもこのキャラ23万9000ポリゴンもあるもんよ(苦笑)エラーのポリゴン数の10倍以上だわ。

で、これをどうやって削減するか?って話だよなぁ。ブレンダーとかでもポリゴン数削減は出来るらしいんだけど。

ぶっちゃけ、俺ブレンダー合わないんだわ。世の中に完全に間違った事も、完全に正しい事も、なに1つこの世にはない。って、普段いつも言ってるけどさ。

あの変態UIは個人的には合わないんだよ(苦笑)何か一つやるんでも直感的に動かせずにダイアログ出るじゃんあれ。

それが私的には合わない(あくまで私的ですよ)。

なんで、Simplygonってマイクロソフトのポリゴン削減ソフト使ってみた。昔はUnity連携のアセットが存在したみたいだけど。

マイクロソフトに買収されてからはないっぽいので、スタンドアロンで起動。

ハートの玉座のobjファイルで実験。

26356ポリゴンが、1798ポリゴンに見た目を大きく変えずにいけた。これは良い!ただ、Simplygonのインストールやら認証やらが初回手間取った。

インストール段階で慣れない人は詰みそう(苦笑)そこはマイクロソフトなんとかしてくれ。頼むよ。お願い。

トゥーンシェーダーかけたVRChat内でのハートの玉座。結構いい感じにアニメ感出て来たんじゃないかな。

シャドー(影)の調整はもう少し必要だけれど。

これでアゼルが19429ポリゴン。これだとギリギリなんで、もう少し減らして尚且つ綺麗に見えるように調整。

ただ、実はこの他にも困ったエラーがもう幾つか出て。その解消の話はまた次に。

VRChat

Posted by Futatsubashi on 24th 2月 2018 in 日常

昔、2010年位かなぁ。まだ半頓挫する前のカードゲーム造ってた頃(スピンオフは近々みちゃんがリリースするっぽい)に、Unityを少しかじってたんだけど。あん頃位から身体悪くしてたからあんま勉強してなかったんだよね。

なんて言う言い訳からはじまる、二ツ橋陽輔さんだ。みんな元気してたか?俺は、血糖値はまぁまぁだったけど相変わらずー(苦笑)

ほんでさ、最近VrChatの事色々と聴いたからさ。まぁSecond Life時代に造ってたモデリング物も結構破棄せず保管してたし。重い腰をあげてやってみるかと。

VR自体には、メタバースとか、3Dテレビとか、ヴァーチャルリアリティみたいに10年おきに来るブームの1つなんじゃないかと。まだ今回の波では土着しないだろうと。些か懐疑的に俺個人は思ってるのだけれど。

とりあえずそれはそれ、これはこれで。このVRChat自体はそこそこ面白そうだしね。

ただなんだー、Unityは相変わらずわけわからんな。操作系統はブレンダーよりは酷くないけど(ブレンダーはあれ、ブレンダー使いさんには失礼だけどほんと操作系統は変態で俺個人には合わない)。

マイクロソフトの日本語入力だとキーボード操作受け付けないバグが出たから、Google日本語入力インストールしたり。テクスチャをフォルダ造って指示通りに展開しても付かなかったり、かと思えば突然付いたり。

ほんともうー(苦笑)

ただ、やっぱ出来合いのワールドとか見て回るだけとか。取ってきたアバターとかでやるだけじゃアレじゃんか?

オリジナルで造ってなんぼだと思うのね。こう言うのは。なので頑張った。

最初はそれこそ、真っ白いプレーンな床1枚のワールドアップする所からですよ。本当そこから。

ただ向学心は大事だからね、身体も悪いし1日10位亀の歩みの鈍足で。とは言え、はじめだからまだ手探りな所もあってそんなだから。少しずつ習得速度は上がってきてる。

プレーンな白床にテクスチャ貼ってな、スカルプデータから過去にobjファイルに変換した。ぢるちゃんから貰ってたロボットも展開。

この時、展開先にTexturesフォルダを作ってもテクスチャが展開されないとか言う例のバグも起きたけども。何度か展開してる内に直った。

そんで展開したのが上記の画像の状態。空と言うか、Skyboxの指定もまた大変だったけど。ほんとその辺は何度も言うけど手探り。

ただ、今はグラフィック関係や、イラスト関係に自分以外にも『み先生』がいるので!(苦笑)マテリアル指定や、テクスチャ、イラスト関係の作業はみちゃんも手伝ってくれるので。

そこは普通に嬉しい。幼女先生様々ですよ。

α指定の透過テクスチャの具合が悪ければ近似色によるClip Studioによる塗り潰しもやってくれるしね。所でUnityて、α指定入りのPngからはα属性なくなるのは仕様なの?

他にやりようがあるんだろうか…。

うーむ、まだまだUnityには不思議と謎が一杯だ。俺がアホなだけかも知れんのだけれど。とりあえず現状その辺は、み先生とトール先生と話し合いながら調査中。

さて次にした事はあれだ。写実的なシェーダーでもこれはこれで格好良くていいんだけど、夜の空指定とかだと。どうしても金属はガンマ値が暗く見えちゃうのがなぁ。

そこで、この段階でトゥーンシェーダーにするかを検討しはじめたんだよ。一応両方見比べて見たんだけれども。

トゥーンの方がテクスチャとシャドーをこれから微調整していけば格好良いのかも知れない。

アニメ画風路線でいくかなぁ。

うん、私感だとやっぱりトゥーンの方が良いような気がして来た。背景が夜でも、ロボの色も内側の主線もしっかり出てるし。

手をかけていけば良い感じの画にはなると思う。

よし、この路線でいこ。