Posts Tagged ‘VRoid’

洋服の目処たってきたね

Posted by Futatsubashi on 6th 8月 2019 in 日常

晩安~。俺です、僕です二ツ橋陽輔です。なんだろ、一度文章(ぶんしょう)書いて零時投稿(れいじとうこう)に予約したはずなのに。記事タイトルと写真はアップされてるのに、文章消えてる。

変だなぁ

まぁ、気にしても仕方がないのでもう一度書き直していこうね。零時過ぎだけど、コツコツと!(苦笑)

で一度書いたはず本題というか、内容はあれ。PC版のVRoidが、Ver.0.64からVer.0.71にアップデートされたって話ね。

0.71から、VRoid Mobileの洋服のテンプレートも追加されたから。みちゃんと、クリムゾン君のイラストに合わせた洋服をつくってはいたんだけど。

このテンプレートのパーカーを改造した方が、イラストに近くなるから楽でいいねって話してた。そうだそうだ、このパーカーを改造しよう。そうしよう。

さて、次はトール先生と、あーる兄のアバターも完成に動き出すかなぁ。最近はほんと、僕に取ってはクソモデリングソフトのBlender使わなくて良くなって来てるから本当に助かるなぁ。

VRoidや、Zbrush、Hexagon、Tilt Brush、Gravity Sketch。

便利なモデリングソフトがいーっぱい。まぁ、VRoidとHexagon以外はお金かかるけれどね。1万円とか3000円とか安いもんだしね。

そう言えば無料のモデリングソフトは他にもメタセコイアとか、六角大王(こっちは有料だったかな?)とかあったよね。あれまだあるんだろうかねぇ?

そう言う訳で、僕のというか、クリムゾン君のアバターはほぼほぼ完成です。VRoidばんざーい!VRoidばんざーい!(※零時25分文章書き終わり)

Do you like American Samoa?

Posted by Futatsubashi on 21st 7月 2019 in Oculus Quest, ゲーム, 日常

Do you like American Samoa?
標題沒有深刻的含義.我才知道我是偷偷來的.

最近は、台湾や他の國からのお客様もサイトに多いなぁ。今はVPSとか、その他色々あるもんねぇ。僕は誰かを嫌いになったり、ブロックしたりは昔冷酷非道(れいこくひどう)で、外道(げどう)だった小さい頃ならいざしらず。

今は絶対にないからね(ブロックは、弱い自分から逃げることだと思ってるから)。

しかしなんだねー、Gravity Sketch便利だねー。テクスチャとか、Image画像をGravity Sketchのフォルダに入れておくか、クラウドに入れておくかすれば。

モデリング中にいつでも出せるから、エロ絵祭り。間違えた(笑)テクスチャに使えるし便利だね。エクスポートも、Objで書き出せるのに動作が軽いんだもんなぁ。

実に画期的なモデリングソフトだよこれは。

画像メモみたいに、こんなに沢山貼り付けても大丈夫。エロ画祭りだー!!(笑)冗談冗談。モデリング中に画像参照したりするのに便利だね。

Oculus Questでは、Googleが出しているTilt Brushなんて言う、お絵描きソフトと言うかモデリングソフトも便利だけど。あれ、Quest版はまだ少し、インポート機能やエクスポート機能が不便だからなぁ。

さて、せっかく買ったこのGravity Sketchでそろそろ本格的にモデリングしてくかなぁ。建物や、部屋、お家のモデリングに特にこれ便利なんじゃないかと思ってね。

CAD的な使い方して、VRChatのワールド本格的に作り出さないとね。

それはそうと、VRoid Mobile。キングカズマ見つけたんだよね、OZとのコラボワールド。神木のキャラは別にどうでもいいんだけど!(苦笑)キングカズマは格好いいよねー。

サマーウォーズは神木出てるからあんまりと言うか、ほとんど観た事ないけれど!(苦笑)キングカズマは格好いいよねー。

君の名はとか、千と千尋の神隠しとかもあんまり観たことないなぁ。

そう言えば、結構昔。Androidの黎明期(れいめいき)。Android2.1位のころかなぁ?僕が、かなりAndroidを強烈に推薦(すいせん)した頃。サマーウォーズの花札の、こいこいアプリあったよね。

あれまだ続いてるのかなー。

まぁ、でも大昔のことだからあのアプリはきっともうないんだろうなぁ。多分だけどね。

やー、でもVRoid Mobileでも僕可愛いねー。リアル(現実世界)でも実際僕は可愛いから仕方ないねー。女の子にもモテモテだしねー(笑)

バイだけど

居酒屋の幹事(かんじ)で、30過ぎたおっさんなのに、小学生に間違われて断られる事だけはどうにかして欲しいけれどまぁ。

まぁ、お酒ほとんど飲めないんだけど(一杯で死ぬ)

身体弱いからいつ死ぬかわからないし、もう片目もほぼほぼ失明状態だけど。死ぬのは怖くないけれど、もうちょっとだけ出来れば生きてたいなぁ。

大道寺知世の舞(Gravity Skech楽しいわよ)

Posted by Futatsubashi on 20th 7月 2019 in Oculus Quest, ゲーム

んちゃ!!おはこんばんちわですのー!!

みなの!!そう、それはみなの。野郎ども元気だったかしらぁ?

Gravity Skech言いますモデデ(モデリング)ソフト、みも買いましたけれどー。これ、Zbrushよりかんたんねぇー。とても楽しいものですのやんねー。

BGMにアラレちゃんのEDかけながら、踊りながら描きます”水森亜土ごっこ“じーじとしてたわぁ。あんがいそれダイエットにいいのよねぇー。

Gravity Skechまだまだ研究が必要ねぇ。

それはそれとしましましてね、み。いつもの心のお友達とVRoidモバイルでお写真撮ってまいりましたわよー。

モバイル版はパーツから選ぶ方式ですから、みに似せて選んでいったらー。

必然的(ひつぜんてき=本来あるべきようにって意味!)に、大道寺知世みたいなってしまったわぁ“。

いやだわぁ。

この、お顔におててをかさねるポォズ。これが『ですの~ぉポォズ(大道寺知世の舞)』と勝手にお友達とそう呼んでますのですの。

ですのぉ~!!!!

VRoidで見るOZの国は広くて、みは迷いませんでしたけどー。心のお友達が、軽く迷子になった。そう、なったの。

こっちよー!!

でもー、キンカズ(キングカズマ)にもあえましたからー。み達まんぞく。そう、まんぞく。

VRoidモバイル、まだまだ出来ますことは少ないけれど。カスタムキャストモバイルよりは楽しいみたい。

オンラインでお友達と、一緒に撮影やチャット出来るのがいいわねぇ。今後、PCとつながりますとさらに楽しくなる予感。

みいたしますのー。

あー、今日も楽しかったぁ。あー明日も楽しい事あるかしらぁ?今日は良い事ありましたのー。

VRoid Mobile

Posted by Futatsubashi on 19th 7月 2019 in Android-ゲーム-, Android-実用-, ゲーム

晩安~。クリムゾン・S・テディです(泰迪緋紅)。VRoidにMobile版が出て、あのサマーウォーズのOZとコラボしたって言うので、少し体験してきましたぁー。

あれなんですね、Mobile版は髪を液晶タブレットのペンで描き込んだりは出来ないで。パーツ選択式なんですね。ちょっぴり、ガッカリなんかしちゃったりなんかしちゃったんですけど。

そちらは、あのpixivさんの事ですから。今後のアップデートに期待しましょうね。

後は、PC版との連携(れんけい)や、VRMの読み込み、Oculus Quest等のMobile向けのポリゴン削減機能、エクスポート機能なんかが出来たら夢が広がるんですけどね。

OZとのコラボは、思ってたよりOZは広くって…。浮島の隅々までいけちゃうんですねー。僕、びっくりしちゃった。

サマーウォーズ、僕の外の人はあんまりみたくないみたいですけど(苦笑)

VRoid Mobileでも僕可愛いですよねー。あんまり可愛いから、僕困っちゃいます(笑)あー、僕腹黒いのかな?

それはそうと、このOZじゃない方の背景はBig Screenの背景でも見たことあるけど。pixivさんがパクるとも思えないんで、Unityかなにかのアセットにあるのかも知れませんね。

Big Screenさんのとはシェーダーも違いますしね。

今後のアップデートに本当に期待してますから。
pixivさん頑張って下さいね!!

僕応援してます。

再キャリブレーションでなおりました

ダブルピースでこんばんわ。

晩安~。クリムゾン・S・テディです(泰迪緋紅)。先程(さきほど)の日記の後、Steam VRの床設定のキャリブレーションを調整したら、アバターが床にめり込む現象はなおりましたぁ。

あれですね、これでPC版と、Quest版両方のVRChatに、Oculus Questからだけで入れますよねー。便利な話ですよね。

後はトラッキング関係の調整と、VT-4(ボイスチェンジャー)をQuestに単体で持ち込めるようにしたら、VTuber生活が捗りそうですよね。

ボイスチェンジャーの件は、明日あたりAmazonさんから、USBオーディオインターフェースが届くからそれ使えばなんとか解決の糸口はつかめそうなんですけどね。

とりあえず、それは明日になってみないとわかりませんけれどね。これでアバター関係の制作も終わりに近づいて来たので。

後の最優先任務は、ネオクーロンか台湾ぽいサイバーなワールド造りだけとなります。モデリングできる、一緒に遊ぶお友達も募集してますからねー。

やー、僕可愛い。

ところで、話は変わるんですけれどね?
本日は昼間、朝に近い昼かな?外國の方と今日もソード・オブ・ガルガンチュアを野良PTプレイさせて頂いたんですよぉ。

今日の外國のお友達の方々ノリが良かったなぁ(苦笑)

ロビーで、その場で寝てたり、スクワットしてまぢたもん^^;;;ねっ?面白い。

もうすぐVTuberになれるかな?

Posted by Futatsubashi on 22nd 2月 2019 in ゲーム, 自分の話

上着がもうすぐやっと完成しそう。上着がねーと、ショタ枠VTuberどころか。児ポ法で、國連にアカBANされそうなガチホモVTuberじゃんよ。

と、言う訳で。み先生と造ってた、VTuberモデルの上着はもうすぐ完成しそう。あっ、俺です、僕です二ツ橋陽輔ですだぜ。

キャラは『Second Life時代』からいる、あの人のヴィラン(悪役)になる前のあの人設定ね。その頃の名前『クリムゾン・S・テディ』で活動するから。

ひとつよろしくされて。

時間軸だと『少年期の終わりに』→『VTuberのクリムゾン・S・テディ』→『Second Life時代のあの人』かなぁ。

『クリムゾン・S・テディ』のTwitterはこちら。旧天竺BOTを改修したTwitterアカウントね。

フォローよろしくメカドックして下さいねぇ♪

あ?ぶりっ子?うるせー、クリムゾン・S・テディは芸能時代の頃みたくぶりっ子でいくんだよ。帰れ帰れ、塩をまくぞ。

でも、語尾がよろしくメカドックはおっさんっぽいって?そうだな、そこはなんかすまんかった。

ごめん

下着がなぁ、KINGおじのせいでテクスチャ無駄に頑張ったからな。ショタ枠キャラなのに下着はアダルティと言うか、尻丸出しだぜ。

下着の時は、DMMでしかムービー配信出来なさそうなあれだな。ショタロリ系VTuberならぬ、ガチホモ系VTuber。

やだぁ、こわぁい

VRoidでキャラを1から造ると、かなりテクスチャ描いたりしないと顔が似やすい傾向があるからね。そこは、み先生と頑張った。

自分のキャラが出来たら、Toru先生、ミミミリオンさん、あーる兄、ナチス兄さんのアバターも造る予定。

後ね、Second Lifeから撤収して。今はMinecraft版しかない武装決起企業天竺ワールドも。

現在VRCHATで造ってるから。そろそろ出来上がると思うので、出来たら遊びに来てくれ。ゲストがキャラになりきれる、アバターペデスタルもおいておく予定だからさ。

VRoidの、ポーズ撮影画面にあるポーズで、回し蹴りをすると尻が…。

丸見え!!

いや、事前に丸見えだって言ってんだし。解ってる事だけどさ。凄いね、これね。國連に児ポ法でアカBANされそうマヂで(苦笑)

とはいえ、クリムゾン・S・テディさん。多分この時代は結構もう年齢いってると思うけどね。設定上、18才以上だからへーきへーき!!

多分…(苦笑)

VRCHATはさ、ただSecond Lifeより凄い物造れるし。流石に今基準だと、Second Lifeの画は若干もう古いところあるけど。

ただ、インワールド内で物を造るのを完結させると言う意味では。Second Lifeの通常プリムで造る行程のが圧倒的に簡単で、そこはMinecraftやSecond Lifeが一歩抜きん出てると思ってる。

ただ、敷居は高いけどUnity経由で通すなら。VRCHATもかなりいいね。絵はかなり現代基準の物が出来るし、ワールドにプリム制限ないからね。まぁ、ワールドのクオリティはSLもVRCHATもピンキリだけれどさ。

あ?ブルーマーズ?なにそれ、そんなもんあったか?知らん知らん!!帰れ(苦笑)

そう言えば、これはカスタムキャストのナチス兄さん(二ツ橋桂)と、俺(二ツ橋陽輔)だけれど。カスタムキャストやカスタムメイドは、パーツを選ぶ式だから一番初心者には敷居低いけれども。

パーツがめちゃくちゃ多くて、課金式なので富豪の遊びだな(苦笑)でも、これはこれで配信までの敷居が低いところが有りだと思いました。

VRoidとカスタムキャスト

Posted by Futatsubashi on 11th 2月 2019 in み先生のお絵描き, み先生の出張ゲーム講座, 日常

※2019年2月10日時点のじーじのアバター【クリムゾン・S・テディ】様ごそんがん。

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?いやだわぁ、月日のたちますこと光陰矢の如しねぇ(早くすぎさること!)。

そういいましたら、みは最近Vroidとカスタムキャストいいます。簡単に3Dアバターを造れますソフトを研究していたわぁ。そう、いたの。

VRoid男性素体用の下着お話でも言いましたけどもー、じーじのVTuber向けアバターをずっとつくっておりましたのよねぇ。

まぁ、簡単いいましても。
Vroidの方は、絵師の才能が少しは必要かしらぁ。

こういいます感じで、液タブブにガンガンお髪毛や、おめめのテクスチャを描き込んでいきますのー。お絵描きの技術は必要ですけれどもー。

Zbrushみたいに、あっとうてきに簡単につくれますのやんねー。せっせせっせと描きますわねぇ。

せっせせっせせっせせっせ、エンヤトトハイセー!エンヤトトハイセー!

はっ!

ずいぶん夢中になってしまいましたのー。てへぺろですのますの。

でもー、このVRoid。最初女の子素体しかありませんで。みには、じーじ達のアバターをつくる仕事がありますから。

女の子素体を改造しても良かったですけれどもー。みは、そうしながらも、ひたすら男の子素体の実装を待ち望んでいたのよねぇ。そうしましたらー、去年のおわりにとうとう実装された!そう、されたの。

少しお話を脱線(だっせん=電車がみちをそれること=てんじて、話をかえること)させましょ。VRoidに男の子素体が実装される少し前。

そうねぇ、秋の終わり頃かしらぁ?

スマフォン(スマートフォン)だけでアバターづくりと、配信が出来ますアプリ。カスタムキャストが現れましたのよねぇ。

好奇心旺盛な(こうきしんおうせい=きょうみをもちやすい事!)みはその時、さっそく研究のためにカスタムキャストもやってみましたのよねぇ。

カスタムキャストはパーツを選ぶだけですから、アバターの着せ替え遊びが好きな人には簡単思いますけども。

パーツの数だけですから、お顔がみんな似やすいので。1からオリジナリティでつくりますなら、VRoidのが良いと思いましたの。

でもー、カスタムキャストが悪いわけではありませんの。簡単に、パーツを集める楽しみも考えたら。初心者の人には、カスタムキャストも良い思いましたのやんねー。

そういいましたら、VRoidのじーじのアバター。上着はまだ製作中ですけれどもー。VRCHATに移送完了(いそうかんりょう)しましたの。

Unityからのアップロード時に、2つ3つ問題がありましてじーじと悩みましたけれども。アップロード時にUnity内のVRCHAT画面で、名前や説明の文字が打てない問題は。

みのPCが液タブブ型だったので、ソフトウェアキーボードや、タッチ入力を受け付けなくて。

キーボードか、マウスだけで打てます事が原因だったみたい。

後は1度目のアップロード時はシェーダーって所をあまりいじりませんでしたからー。すごく3Dのポリゴンみたいな感じがでてましたからぁ(左)。

トゥーンぽくいじりましたわぁ。だいぶマンガみたいになってきましたかしらぁ(右)

あー、今日も楽しかったぁ。あー明日も楽しい事あるかしらぁ?今日は良い事ありましたのー。

https://marudeyumemitai.booth.pm

そうだわ。

VRoid男性素体用の下着は好評販売中でますから。買ってねぇ。

VRoid男性素体用の下着

Posted by Futatsubashi on 9th 2月 2019 in み先生のお絵描き, 日常

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?みは、そこそこ元気よぉ。今、まるでゆめみたい工房はせっせとじーじ(二ツ橋陽輔)のアバタァをつくっておりますけれどもー。

その過程(かてい言いますのはー、えぇと途中の事!)で、かっこういい下着テクスチャも出来ましたからー。

皆さんにお売りいたしますのー。

https://marudeyumemitai.booth.pm/items/1220464

※上記販売サイトになりまぁす。

それはこちら。

TD64シリィズで時々出すと思いますのやんねー。価格は330円で、9color入りなので。やろうども気が向いたらお買い求めてねぇ。

【商品】TD64-2019 Spring-

VRoid男性素体用下着テクスチャ。
(9color入り)

レッド、ライトブルー、ホワイト、イエロー、ブラック、ディープブルー、オレンジ、ベージュ、ホワイトSPだったかしらぁ。

あー、今日も楽しかったぁ。あー明日も楽しい事あるかしらぁ?今日は良い事ありましたのー。