Posts Tagged ‘サイレント’

崩壊剤(剣)割と強かった

Posted by Futatsubashi on 1st 9月 2019 in Oculus Quest, ゲーム

DLCに付いてくる武器、自動翻訳だと崩壊剣(翻訳先によっては崩壊剤)になるから剣カテゴリーの荷物に入ってるのかなぁ?と、思ったら剣じゃなかった。

レーザービーム銃じゃねぇか(笑)

でもね、レリック(武器に付けれるマテリアルと言うか、スキル玉)でねカラーリングをライン赤にしたりして改良して。使ってみたら割と強かった。

実弾銃(じつだんじゅう)じゃなくて、レーザービームだから。装填しなくても良いしね(とは言え、オーバーヒート起こしたら装填と言うか冷やす作業必要なのだけれどね)。

下郎(げろう)どもー!ビームの力を思い知れーーーーっ!

大江戸温泉物語ステージかな?

Posted by Futatsubashi on 1st 9月 2019 in Oculus Quest, ゲーム

晩安~。俺です、僕です二ツ橋陽輔です。そう言う訳でね、俺が日課のように遊んでるSairentoなんだけれどね。この追加DLCで来た新マップね。個人的になんだか既視感(きしかん)あると思ったら。

大昔にお忍びで行った、大江戸温泉物語や、改装前のナガシマスパーランドだわ

そっかー、Sairentoの少し間違った日本観って。大江戸温泉物語や、ナガシマスパーランドや、浅草なんだ。そうだそうだ。って事は、やっぱり日本人が失った文化なだけで。

間違えてはいなかったんだね(笑)そもそもの話をしたら、俺だって失われた文化の葉隠忍者(はがくれにんじゃ)の末裔(まつえい)だしなぁ。

良く日本人が言う「そんな間違った日本や忍者はハリウッドのなかだけ」ってのの方が、案外間違えてるのかもなぁ。

そう言うわけで。

大江戸温泉ステージ『歌謡ショウの間』(笑)そもそもこのステージさ、なんで電影魚(でんえいぎょ)が浮いてたり魚のオブジェがこんなにあるんだろう。

鯉(コイ)とかのイメージなのかな?まぁ、綺麗なんだけどさ。綺麗なんだけれど、その辺不思議だなぁ。

大江戸温泉ステージ『のれん』(笑)有料DLCだけあって、この辺ほとんど無駄にテクスチャ凝ってるんだよなぁ。

Oculus QuestのSairentoリリース時には、ぶっちゃけ間に合わせのボロテクスチャだったのに立派になっt…ゲホゲホ(苦笑)

ここのステージは、こののれんだけじゃなくて。襖(ふすま)や、天井画(てんじょうが)のテクスチャもクオリティ高いんだよなー。

はじめからこのクオリティで…(苦笑)いや、不平不満(ふへいふまん)じゃなくてね。でも、こうやって親切に何度もアップデートしてくれるのは良心的だよなー。

でさ、この大江戸温泉ステージ『ロビーの間』もそうだけれどさ。天井のテクスチャ絵とかもかなり綺麗だから、じっくり見たいと思うじゃん?

でもね。

こう、すぐに敵が遠くから駆け付けてくるじゃん?アキャアアアアーッ!

敵「二ツ橋陽輔殿!御命頂戴っ!」ズギャーン!

ゲボルバたわらばっ!ボガーン!(爆発音)

忙しくてステージなんか安心して見てられるか!(苦笑)冗談じゃあないよまったく。

本日のおかしな日本語。

魚なの動物へのエサやり“多分『魚等の』とか書きたかったんだろうけど。台湾人もそうだけど(Sairentoはシンガポールの会社だけど)。

外國の人の使う平仮名の『』の使い方は、そう使う?みたいな独特感あるんだよなー。悪い訳じゃなくて、不思議だなーと。

台湾とかよく行くと、飲み物に平仮名の『の』だけ振ってあったりね。まぁ、日本人もおかしな中文使ったりするからお互い様かな。

最後、本日の芸者姐さん御尊顔。相変わらず怖いよ!このババア!お前のような芸者がいるか!(苦笑)

Sairentoの3$(290¥)DLCきましたね

Posted by Futatsubashi on 31st 8月 2019 in Oculus Quest, クリムゾン・S・テディ, ゲーム

早安~。クリムゾン・S・テディです(泰迪緋紅)。明け方だったかな?深夜でしょうか?僕の大好きな忍者ゲームの1つ、Sairentoに3$(290¥)の追加マップDLCが来てましたねー。

9月末にはとうとうオンラインマルチも付くみたいで、段々PCやPSVR版に近くなっていくなぁ。後は、Storyモードが欲しいですよね?やっぱり。

いきなりこの世界に放り込まれるから(苦笑)やっぱりね、こんなに魅力的(みりょくてき)な世界観(せかいかん)ですから。他機種版(たきしゅばん)みたいに、チュートリアル的位置付けでもいいから。お話は欲しいなぁって。

僕、思っちゃったりなんか、しちゃったりなんかしちゃったりする訳です。はい。

それはそうとSairentoのOculus Quest版。リリース初日から購入(こうにゅう)させていただいて。ずっと応援してたんですけれど。リリース当時の最初のVerに比べて、どんどんグラフィックがキレイになっていきますよね。

Vader Immortalや、ISSなんかがとてもスナドラとは思えない驚異(きょうい)のグラフィックだったんで。Sairentoも最適化(さいてきか)出来れば、もっとキレイになるんだろうなーって。でもそう言った最適化が出来る会社って、技術力とかもあるから。

Sairentoには無理なのかなー?って、失礼な話なんですけれど。最初は思っていたんですね。でも、Version Upを繰り返す度にどんどんどんどん良い意味でキレイになっていって…。

小さい会社でも、日々研究を怠(おこた)らないその粋(いき)や、とてもよしです!敵キャラクターのモデリングなんてね、最初くノ一さんなんて。凄い不細工(ぶさいく)。だったのに、今じゃクールビューティーの女アサシンですもんね。

お見逸(みそ)れしました!

で、追加されたマップなんですけれどね。ここも、日本庭園風(にほんていえんふう)って言うのかな?スゴくスゴいキレイで。頑張ったんだなぁって。マップサイズはやや小さめかな?

でもね、本当に造形(ぞうけい)がここ美しいんですよ。僕はすっかり、このステージのファンになっちゃいましたね。

禅をワビサビをイメージしたかのような、良い意味で勘違いマックスされた。と言うか、今の日本人が忘れてしまったような。日本らしさがここにはあると言うのかなぁ。昔PCエンジンであった『天外魔境』みたいな世界観。

座布団や、ふすまや、天井に至るまでキレイに表現されてはる。スゴいスゴい。電子の透明な魚も泳いでるし、サイバーパンクお江戸!(笑)格好いいですよねーここ。

100Level越えると敵の強さもそこそこ強くなってきますけど。ソード・オブ・ガルガンチュア(Swords of Gargantua)みたくストイックな感じはないので。無双感覚(むそうかんかく)はこっちのが強いですねー。

どちらも違った魅力があるんですけれどね。勿論(もちろん)忍者レジェンズも。中の人の知り合いの、みちゃん(女の子)は僕よりも腕が立つので、僕よりも先の次元の腕前(うでまえ)に到達(とうたつ)しているんでしょうねー。

僕もまだまだ、色々なゲーム頑張っていきたいと思います。Oculus Questだけじゃなくて、PS4やSwitch、PCのゲームもね。