ワープゲートの謎No Man’s日記その3

Posted by Futatsubashi on 31st 7月 2018 in PlayStation4, ゲーム

二ツ橋陽輔ますですだぜ。
Toru先生や、あーる兄は基地にワープゲート置いたら使えてるのに、僕は上記のような画像が出て使えなかったんだよなぁ。

うーん英國産ゲームは謎が一杯だぜ

取り敢えずマルチプレイで解った仕様や、現在あるバグは多分、先生や兄と手探りで調べた感じはだいたい以下の通りだと思う。

1.マルチプレイは基本、セッション(ホスト=相手)に参加すると、相手の星系からはじまる。

2.マルチプレイを終了すると、基本的にはシングルプレイに戻れば、自分の元いた星系かはじまる。

ただし、友達と基地建設なんかをして。友達の基地コンピューターでセーブ(つまり一時セーブじゃなく自分から)すると。次回シングルプレイも友達の星系からはじまる。

3.マルチプレイ状態時に一緒に建設した物は、フレンド間のセーブデータに残る。

4.日本時間深夜3時頃から、日本言語設定、PS4が日本時間システム設定のNo Man’s Skyはエラー落ちし易くなる。

その場合、上記画像説明のようにすると直る。これは追加情報として、ロンドン時でも有効

5.基地に雇ったNPC及び、基地に設定したワープゲートは、本人しか使えない。

以上をふまえて、マルチで遊んでる時に同じ星系に僕が所有してる基地を持っても。1枚目の画像のような、ゲートエラーが出てて使えなかったんだよね。

でも、この件は解決しました!

メインストーリーを少し進めて、ハイパードライブエンジン関係のクエストの。上画像のような赤いキモい瞳を見た後に。

そのまま宇宙に出ると、緊急通信が来て。『アトラスの導を聴くか、そのまま宇宙を旅する』的な選択肢が出てくるから。

前者を選ぶと、空間異常が起きて。前のNo Man’s Skyのバージョンの時の、この画像のデススターみたいの、突然軌道上に現れるから。内部に突入

あっ、この時デススターの入り口はデススター全景画像の小さな穴。と言うか、くぼみのある所だから。

そこから侵入して頂戴ね。

中に入ると、コーバックスとゲック。たった二人の船員がいるから。彼等に話すと、無事に僕もワープゲートが使えるようになった。

ここまで進めないとダメだったんだね。知らんかったー。

これで、ワープゲートとハイパードライブが使えるぜ。

知らんかったもんだから、マイ基地あれば良いだけかなー?と思って。二人の星の月にあたる、センチネル(敵軍ドローン部隊)の巣窟になってる、小さな衛星に。

Toru先生わざわざ呼び出して、基地造りまで手伝わせて正直すまんかった(笑)あ、すいませんでした言葉遣いを訂正します先生…(苦笑)

「ジン君、ちょっと退いてなさい?汚物は消毒ですよーーーーっ!ヒャッハァーーーーッ!」

汚物は消毒だの人ばりに、色々手伝って貰った。ストーリーを進めてなかっただけなんて、すまぬ、すまぬ…。

【次回予告】こんにちは!私ちょっぴりドジでお茶目な、新星(しんまい)アストロアーツ二ツ橋陽子!今回もNo Man’s Sky観てくれたっ?

次回はねー?150℃の灼熱炎嵐(しゃくねつえんさ)渦巻く私のティーチャーToruの地獄惑星。-50℃の北海道よりもさっむーい流刑惑星。

地獄のような星系の月に、基地を作った私の基地は、センチネル軍団のアジトだったわけ。この過酷な星系の中で、私達の運命は一体全体どうなっちゃうのかしらー?


次回『星系脱出』にご期待下さい。君は銀河の中心に辿り着けるか?

Leave a Reply