04Saga

年表
武装決起企業天竺の物語の年表及び、時間軸説明。


宇宙創成期

■環軸元年
現在の宇宙空間ブラフマン(カリ・ユガ)生誕。
銀河、星々、生態系その全てはこの超生命体の細胞に等しい存在である。
また、この折。カオス(陰)とコスモス(陽)にその要素が分断される事となった。

これが我々の宇宙のはじまりであった。

ブラフマンの体内の閉じた宇宙である為、時間軸がスパイラルとなっている。
(ただし、ブラフマン自体が老化するので軸ごとに多少歴史が変動する)

■環軸2年
第一始祖民族生誕。

■環軸7年
第二始祖民族アダムとエヴァ生誕。

■環軸66年
亜神ゾディアック・エル・スター(後のマダム閻魔)生誕(と言うよりは忽然と現宇宙に姿を現した)。

■環軸128年
銀河の中心地バルジにおいて、銀河超龍デーモン・スター・バルジオン生誕。


神話期

■環軸256年

●二百億年前
老化著しい、ブラフマンへのワクチン投与が外宇宙より決定される。
ワクチンを絶対座標に投与する為に、永久存在立証痕である。超生命体デスファントムが、我々の宇宙に投げ込まれる。

●百八十億年前
同じく外宇宙より、デスファントムを無効化させるために、ウイルスである超生命体天帝シグマ・ソワ・インダスが我々の宇宙に投げ込まれるも、事故(小規模ビッグバン)により3つに四散。
これが三皇である天皇伏羲、地皇女禍、泰皇神農の生誕である。

●百七十億年前
M78星雲に位置する、アベルとカインが統治する。有羽人による、銀河の列強帝国をデスファントムと三皇が通過。
これにより、彼等の母星は爆裂四散する。
この通過した数を、三皇の数だと思い込み(デスファントムを含んでいるのに)。
後年まで彼等有羽人は、三皇は四皇だと思い込む事となった。

●同時期
第一次デスファントム戦争勃発。

●百六十五億年前
天皇伏羲の肉体から、バルーン(触手)が無数に生み出される。
もっとも力の強いバルーンは、アルデバラン(牛魔王)と変異する。

●九十七億年前
天皇伏羲と、ある星との女の間に斉天大聖孫悟空が生まれるも、種の起源が異なる者同士の子であった為、母体は破水して死亡。

●四十六億年前
我々の宇宙とは別の宇宙において、グランド・カタストロフ(宇宙崩壊)が発生して宇宙消滅を起こす。
辛うじて、別宇宙のとある一つの惑星から5人の生命体が我々の宇宙に逃げ果せた。

彼等5体の外宇宙生命体が後の世に言われる所の五帝である。

五帝は総力を結集し、元いた宇宙における母星に近い環境の惑星を創造。
これが我々の地球のはじまりである、

●四十五億年前
デスファントム、地球に到達。
三皇も地球への侵入を試みるも、デスファントムが用意した監視衛星『月』の魔力により、冥王星付近より地球に近づく事が出来なくなる。
これにより、第一次デスファントム戦争終結。

●四十二億年前
有羽人の、最後の移民船団が地球軌道上に到着。
月にマルクト・ラー・エデンと名付け、終の故郷と決め都市を建造する。

有羽人(影に三皇含む)VS地球の元々の先住民族五帝(と、彼等の産み出した魔族の民)の地球の生存戦争『ラグナシア』勃発。
1000年に及ぶ、血で血を洗う過酷な戦争の末、有羽人側は劣勢となり、一部の高官達のマルクト・ラー・エデン帰還命令が出る。
この際、ガブリエル・ヴォーダフォン及び、ユグドラシル・ヴォータン両名の有羽人やルシファー等の有羽人等が地球に取り残される。

●同時期
この頃の地球の超大陸は、原始大陸レッドエルクシウム。
大地の部分は全て赤く脈打っていた。
また、同時期に有羽人の間で一つの娯楽アヴァロン(後の武装決起カード大決戦)が流行る。
この時代のアヴァロンは、武装決起カード大決戦とは違い、負けた物が勝者のカードにされてしまう(アルカナストライク)と言う壮絶な物だった。

五帝の一柱の裏切りにより、地球生存戦争終結。

●三十三億三千万年前
マルクト・ラー・エデンから地球を監視する為に、分家である華皇朝が生まれる。
首都は軌道衛星、師陽胎(シャンバラ)で、統治者はシリウス皇家。

●十九億年前
原始大陸ローレンシア誕生。

●十七億年前
原始大陸コロンビア誕生。

●十一億五千万年前
原始大陸パノティア誕生。

●六億五千万年前
原始大陸ロディニア誕生。

●二億三千万年前
有羽人による、原始大陸パンゲアでの、コカビエル計画発動。
後にコカビエルその物は、失敗作とみなされ地表にそのまま放棄される。

●同時期
四方を断崖絶壁で囲まれた四面楚歌の湖底より、赤い火柱が吹き上がる。
直後、木星圏より凄まじい光線が降り注ぎ、地球上にゾディアック・エル・スターが出現する。

●6500万年前
地球のユカタン半島に、三万年周期に一度地球に近づく暗黒惑星ネメシスの破片落下。
これは意図された物であり、シリウス皇家が、三皇と結託して恐竜と言う生物を生み出したために、デスファントムが戒めのためにぶち当てた。
これにより、ゾディアック・エル・スターが門の姿に変異させ生き残らせた、一部の恐竜(プロキオンサウルスや、デビルズゲート)を残し恐竜全滅。

●12万年前
最初の人類のルーツが、猿より変異し、地球に生まれる。

●3万年前
この頃から、三皇とシリウス皇家との間が徐々に不仲になる。
シリウス皇家、万一の保険に。銀河の中心バルジより、デーモン・スター・バルジオンを師陽胎に運び込む。

●2万8000年前
アヴァロンを極めし者、デーモン・スター・バルジオンの『つがい』と壮絶なアヴァロンを繰り広げ。
アルカナストライクする事に成功するが、アヴァロンを極めし者もまたバルジオンの最後の猛毒により死亡。
この壮絶な死闘は、アヴァロンを極めし者が華皇朝シリウス皇家より受けた特命そのものであり。
真実は、アヴァロンを一つ上の遊戯『アーク』に昇華させるための遠大な計画であった。

●1万2000年前
地球に送り込んだ、シリウス皇家分派、アトランティス、レムリア、ムー同時に三都とも全滅。
首謀者は三皇の女禍(後の恐山福建省)。

●同年
この頃より泰皇神農、人類の生まれた谷オルバドイに篭る事が多くなる。

●約一万年前
第二次デスファントム戦争勃発。
女禍のマルクト・ラー・エデン乗っ取り事件により、有羽人は、総帥メタトロン以下全員『月の内側』へと逃げ延びるように姿を消す。
三皇の天皇伏羲(日輪大帝)と、華皇朝との対立が確定的な物となる。

前述の乗っ取り事件と同時進行で、有羽人より華皇朝に諜報員としてイクシオンファイル(大天使ミカエル)が送り込まれる。
天皇伏羲率いる魔軍により、首都師陽胎陥落間近になった最中、華皇朝側デーモン・スターバルジオンを起動。

当然不完全な物であり、バルジオンの切り離しには成功したものの、更に加速度的に華皇朝の滅亡を早める結果となってしまう。

華皇朝、歴戦の戦士ネビュロス・オブラーは不退転の決意でイクシオンに勝負を挑むも敗退。
強力な電磁結界により、天皇伏羲は座標華皇朝のままヴァーチャル世界に封印される。

華皇朝第一皇子、セバスチャン(後の春猫、またヘルキャット)、イクシオンの三名は奇跡的に魔界化する華皇朝より脱出に成功する。


近代史

●1842年。
お民(後のMinty)生誕。

●1862年(文久元年)。
壬黒龍が、中国大陸内地の孤島である月讀島(別名龍岳島-Longyue Dao-)に生誕。
また、日本では丹波でお民(後のMinty)が20で忍の家督を継ぐ。

●1872年(西暦2000年からおよそ128年前)。
奇跡の村事件起きる。
壬黒龍以下、全ての月讀島村民消息不明の事態となる。

●1922年。
畠山蜜柑、レッドの二名生誕。

●1935年。
二ツ橋燈浦が、二ツ橋分家として東京で生まれる。

●1942年。
反物質惑星オズマ地球に近づく。
ロシアのイルクーツクではゲイル・ズダーバンと、ナイアラートテップなる勢力が、先のデーモン・スターバルジオンをめぐり激しく激突。
畠山蜜柑、鉈を片手に若葉隠れの里を半壊させるも、ロシアの永久凍土にレッドに転送され両者氷漬けとなる。

●1945年3月20日。
日本陸軍最後の反抗作戦『一億総玉砕決起計画』(俗に言う武装決起計画)始動。
後の世に妖怪爆弾計画、怒一号計画、符呪弾丸首都壊滅作戦の三つだ。

●1945年3月27日。
符呪弾丸首都壊滅作戦の一部技術成功。
連合国、各国の要人が次々に撃ち込まれた、人間の精神弾丸により発狂死。
この時、日本の高僧の多くがこの計画に賛同した。

●1945年4月21日。
符呪弾丸首都壊滅作戦の要、中国大連の龍脈が何者かに断ち切られた事により計画が頓挫。

●1945年4月23日。
黒龍江省の、人間を改造した、妖怪爆弾計画施設謎の炎上。
計画は外に漏れる事はなかった。

●1945年、7月29日。
怒一号計画、沖縄は水納島にて発動。
巨大隕石要塞『怒一号』(後のアルジナード大要塞)沖縄トラフより、海上に浮かび上がる。
米国艦隊25隻を数時間の内に沈めるも、符呪弾丸首都壊滅作戦及び、妖怪爆弾計画の首謀者である軍人の死亡により、怒一号再び海に沈む。

●1945年8月15日。
太平洋戦争終戦。
二ツ橋燈浦(壬帝)月讀島にて中国残留孤児となる。

●1977年4月1日。
燈浦日本に帰る。
42歳の春の事である。

●1982年(昭和57年)。
二ツ橋燈浦による壬帝料理武会結成。
関西の天皇と呼ばれる。


●1983年(昭和58年)。
12月初頭アンドロイドウォーズの予兆勃発。

原宿で主人公のアゼル・ラヴクラフトと、燈浦達は。黒陽美食会なる謎の外食チェーンと交戦状態に陥る。
アゼル・ラヴクラフトはSecond Life版、武装決起カード大決戦の社長、アーク・ラヴクラフトの兄。
事件の背後に黒陽帝なる謎の存在を感じた、アゼルを含めた燈浦一派は、一路成田経由で大連に。

ここで氷室哀洲が年齢に対して若い姿(青年から、良く見繕っても30歳前後)で登場。彼が黒陽帝である事判明。

12月中旬。
大連まで黒陽帝を追った事自体が、そもそもの黒陽帝の罠。彼は力による紛争根絶を目論み、香港、アメリカ、イギリス、福岡、東京、札幌、キューバ等の至る所に存在する『龍脈』なる大地の気脈を断ち切る。

日本が多いのは日本にフォッサマグナ(地脈プレートが三つ重なる地点)があるため。
要するに、日本から目を逸らす為に、大連にまでおびき出された。

12月20日。
全ての龍脈が立ち消えた為、巨大龍がイルクーツクの永久凍土で蘇えり。見せしめのために南海の孤島一つを焦土にする。
この南海の孤島は後のGEL SIM。

12月20日。
イルクーツクでの巨龍復活から、これを殲滅するためにスクランブル状態となっている。ロシアを筆頭とする、NATO北大西洋条約機構が、巨龍の次の進行方向が、皇居だと断定。

12月21日。
この時点で、皇居に巨龍が押し寄せる意図が理解出来ない為、部下である禹に氷室は詰問(禹は氷室の部下をこの時点まで演じている)
禹は平然と『日本の完全消滅』を目的として言い放ったため。裏切りを感じ、保険のために協定を組んでいたイタリアシチリア島最大のマフィア『デスペラード一家』に打診。

東京にデスペラードの軍勢殺到。
自衛隊はNATOとデスペラードの軍勢があまりに多いため沈黙。

また、先の禹の正体が地球の生存戦争『ラグナシア』の生き残りにして五帝の裏切り者である冥帝であると判明。

12月22日。
東京戒厳令発令。
米国大統領、この時点で「最悪の場合核による東京消滅もやむなし」と判断。

それはデスペラードとNATOの動向次第であると発表。
この時点で後の世に『アンドロイドウォーズ』と呼ばれる戦争状態に突入。

12月23日。
ヒマラヤの境界、黒陽帝の本部から決戦兵器『武装決起神機カムイドガン』到着。
主人公アゼルと燈浦一派も東京へ。

デスペラード一家とNATO半壊滅状態。

12月23日16時30分。
24時間以内に核弾頭発射をアメリカが決断。

12月24日零時。
都内に雪が降り始める。
福岡の龍脈のみを単身、自らの暗殺拳で封じた氷室は、一人東京都内原宿特区黒陽町の黒陽美食会保有のビル『タカマガハラ』へ。

巨龍の鎮座する都内を見下ろしながら落胆。

1983年12月24日。
後のアークインダストリー創設者、アーク・ラヴクラフト生誕。

日本政府内閣特別調査室、事態収集に動き出す。内閣特別調査室長、地球上に一発しか存在しない超硬質加速変異合金スーパーノンマルトを使用したカード型の弾丸で冥帝の狙撃を敢行。
しかしこの弾丸は僅かに逸れ、冥帝への直接決定打には成り得なかった。

アメリカより、無数に日本に放たれた核弾頭は。全て黒陽美食会の残存勢力の所有するオーバーテクノロジー及び、デスペラード一家の所有するそれとでほぼ無効化に成功する。
が、たった一つ撃ち漏らした核弾頭が東京に落ちる時。アゼルの発動させた大アルカナ・ストライク(異質空間強制発動能力)の力により、半分に割れたそれが破壊力を失い黒陽町に落下。

結果、東京崩壊は免れたが、代償に黒陽町の中心に巨大なクレーターが空き半壊状態と陥る。

アゼル、燈浦一派。黒陽帝のビルに突入。
何回か戦闘があるも、残存兵力では防ぎきれず黒陽帝の部屋に到着。

戦闘状態に。

同日同刻。
黒陽帝に、かつて自らが経験した朝鮮戦争の時と同じように同じ箇所に弾丸が被弾するも死なず。
この時点で全てを悟った黒陽帝。
エネルギー停止状態に。

同時に巨龍の咆哮がビーム状態の荷電粒子砲となり、タカマガハラビルにぶちあたる。
電源が切れているはずの黒陽帝が主人公達の前に立ちふさがり直撃を防ぎ、そのままビルは瓦解。

冥帝リバイヴ・カタストロフ(宇宙再構築)を発動。世界に七本の巨大火柱が吹き上がり、太陽は巨大な黒い『穴』に隠れる。
冥帝の元々存在した宇宙及び全時間時空を繋ぐコスモ時空間が出現し、アゼルと冥帝の最後の戦いが始まる。

12月25日零時。
アンドロイドウォーズ終結。事実上ほぼ一ヶ月で終戦にまで至るため、一ヶ月戦争とも呼ばれる事となった。


●1989年(昭和64年)1月7日。
壬帝料理武会崩壊。

●2000年冬。
血の惨劇事件とも呼ばれる『デスペラードの乱』事件が起きる。
シチリア島最大のマフィア、デスペラード一家の指導者が、組織を天竺に売り渡そうとした幹部に刺殺され、死亡した事により抗争状態に突入。
サウスデスペラード、ノースデスペラード、イーストデスペラード、ウエストデスペラードに強硬派は分派。


●西暦2000年12月31日23時59分59秒
赤の日勃発。
既に、事前の通称五日法案により大多数の政府高官は地球上より遁走。
取り残された人類による世界パニック。
海水の全てが不気味に赤く発光し、空すらも燃え上がるような色に染め上がった。
一部の人間が煙のように消え去るシャドウ事件も巻き起こり、五大大陸の陸地全てが崩壊して行き、世界はSIMと呼ばれる小島に寸断された。
(Second Life版これ以降の出来事)

●武装決起元年(西暦2001年初頭)
デスペラードの乱を制した、デスペラード幹部『壬黒龍』が実に128年の歳月を超え人類の目の前に姿を現す。
秘密結社天竺、デスペラード一家、そして既に崩壊していた壬帝料理武会の3つは統合され、ここに『武装決起企業天竺』が創設。

天竺、全世界に宣戦布告を開始。西暦とは別に、この年を武装決起元年(武装歴)と改める。国連、現存する超大国アメリカは徐々に推され機能しなくなる。
この日より、一企業における世界実効支配の歴史が始まる事となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です