Archive for the ‘武装決起カード大決戦’ Category

カードも行けるんじゃあないかしらねぇ?

へぇい、やろうども元気だったかしらぁ?RPGゲェムのデバッグしてて、みインタアネットのウェブブ周りをしておりましたらー。

ひきも記さん言いますサイトのツクール用プラグインに、カァドゲェムプラグインありましたから。

じーじ(二ツ橋陽輔)のカァドゲェムの簡単版も、みがつくってますスピンオフゲェムに実装出来るんじゃあないかしらねぇ?

商用、改造オーケーってきちんとみ良い子だから読みましたからー。このプラグイン 使いましたらぁ。1人用の簡単版カァドゲェムは造れる思いまして。

RPGゲェムデバッグ中でしたけどもー。急遽このプラグインをRPGゲェム内ミニゲームに実装する事、みはしましたます。

じーじが何年もかかってますからー、実装したら喜ばれるますんじゃあないかしら。カードのデザイン模様、じーじから原盤貰いましてかくにんしましたけどもー。悪くはないけどー2016年、今デザインしますからみたら少し古い感じがしましたからー。

あたらしく、みが盤面デザインはリニュウアルしましたますの。

多分プラグイン実装は子供会議によればいけそうと。くさちゃんとへんにゃんに言われましたから 。多分いける。

実装出来たらじーじから仕事代ふんだくらなくちゃあ。

ちびちびとまぁ、本当にちびちびと

Posted by Futatsubashi on 13th 6月 2014 in Second Life, 武装決起カード大決戦

image

Androidの開発が自分に取っては、もっともたる最優先事項なんで。Second Lifeに関してはちびちびとまぁ、本当にちびちびと。誕生日以降は視察に行ったついでに少し弄って落ちると言う案配。まぁ、SIM任せてある古い友人兼SL軍師のぢるちゃんが新しい住民の芋さん拾って来たし。

俺の手下のルル子、ラシエルちゃん。それに兄のひろだんご兄もいるし大丈夫でしょう。

image

Androidの方はあの御方に任せてあるし、今度こそまぁなんとか。
さて、Second Lifeね。大分再都会化が進んで来たんで、それもよしとする。ウチのSIMね、サイバーパンクよりは現代寄り。スチームパンクよりは現代寄りって設定だから。

もっと平たく言うと、宇宙戦艦とか未知のオーパーツ或いはオーバーテクノロジーは発掘兵器として現存するけど。それを扱う人類の生活水準は1980年代から1990年代前期の、バブル期の科学水準と言う設定だからこれでいい。

image

image

image

image

image

image

image

うん、ガードレール、高速道路、雑居ビル、工場、立体交差。だいぶ望んだ世界になってきた。ほんの少しだけ懐かしい昭和(団塊とか戦後まで行く程ダサくない末期の昭和)、少し不思議なSF、日常から非日常に巻き込まれるパニックムービー的なSF感。そう言うのがコンセプトなんです。

まぁ端的に言うとバブル末期臭と言うか80年代アニメ臭だね。

CGはなぁー

Posted by Futatsubashi on 9th 6月 2014 in DAZ Studio, Hexagon, Second Life, 武装決起カード大決戦

体調が良い時は一気に進む。そして6当月は体調が良いから、今月も日本全國移動激しいけど合間合間に。ただもうなー、何年もずっと造ってて大体の話中ムービー分の制作は完了してて、リファインと調整がメインになってるんだけど。

そろそろ身体の体調が悪い時も、無理を推して造っていかないとどうにも。自分が生きてる間にゲームが出たら安心して死ねる也。

image

禹とアゼルを版画風にして、ちょいちょい弄ってたら新撰組風になった…。これについてはその他の色のも造ってみたから、シールのグッズにするのも有りかもしんないとか。商業用のレーザープリンターあるし…。

image

image

昨日の日記に上げたガブリエルのCGも、別に人間の形態の物を用意した。AGNIの空中戦のCGを組むのが大変だったけれど後はまぁ…。そう言えば、武装決起神機カムイドガンのモデリングも重い腰を上げてし始めたけれど。

あれ、春猫さんの昔のデザイン画どう言う関節になってるんだろう。中々構造が分かり難い…。

image

image

内閣特別調査室のこの人のCGは、CGを造れば造る程にチートキャラになってく。普通にこの人もピンチになる時あると思うし、俗に言う三皇五帝の神属性のキャラと比べると戦力差は圧倒的なんだけど。

この人常にピンチになっても表情に余裕あるからピンチに見えないんだよな…。少なくとも生身の生粋の地球純血種では最強キャラの一人だと思うんですよ。

image

image

image

版画風のその他のカラー。じゃ、みんなまたな。

ぢるさん撮り直し

Posted by Futatsubashi on 8th 6月 2014 in Second Life, 武装決起カード大決戦

image

Androidのゲームの再開発もあの御方に頼んだし、近年自分のCG技術も通常レンダリングソフトやモデリングソフトも使用したりで上がってきたんで。カードのぢるさんも撮り直しで差し替えようかなと。これがそうね、だいぶ以前の物より良いでしょ。

後はゲームが出来上がれば安心して冥土に成仏出来るけど…。今度は多分平気でしょ、あの御方は自分の切り札だから。

image

イラスト風に調整するとこんな感じな、因みにぢるちゃんのSL及びゲームでの役は。超古代、宇宙抗体グラストンベリー(神)及び三皇(神、或いは天帝シグマ・ソワ・インダス)が銀河の列強帝國の母星、秘密惑星アンティクトンを破壊した祭に、壊滅状態に陥って地球に世代間航行で辿り着いた有羽人の一人ガブリエル。

多分ボリューム的に削る事にならなければ。Android版にも出ると思うんだけど、ADV部分とカードゲーム部分のパートが出来上がってこないとなんとも…(苦笑)

image

Second Life版でのTenjiku SIMにも乗れる状態で置いてあるロボットは。元々地球人類に取ってはオーバーテクノロジーで、天使(前述の有羽人)遺物と言う設定。天使は既に、ルシファー、ヴォータン(ラファエル)、ガブリエル等の一部の天使を残して絶滅してて。主にガブリエルが現代に過去の遺物であるこれ等を復元したと言う設定。

天使が何故絶滅したか、それは人類派生以前の地球の生存戦争で。地球の先住民族『五帝』率いる魔族と1000年に及ぶ総力戦をしたため。

image

さて、まぁ設定話はいいや。まぁちょっとAndroidのグラフィックやCGやってる合間にSecond Lifeにinする時間取れたんで自分の島見て来た。随分都会化が進んで来て安心。元々都会SIM及び、軍事SIM前提だからなぁ。二層の高速道路になってて随分立体的なSIMになって来たね。

そうそう、最近ずっと俺Android版の悪役『禹』のアバターでいたから、壬黒龍のアバターに久し振りにしてみた。うーん、久し振りだから何て言うか違和感。

image

このロボット、腕がない方が民間用で、腕がある方が軍事用って設定なんだけれども。腕がない方は武装0なんで、こないだの自分の誕生日イベントからリバイバルしてる、ゾンビの王ネビュロス・オブラー様に勝てない(笑)

腕の付いてる方で再戦してる見るも。懊悩取り巻きの雑魚はすぐ破壊出来るけど。王はロボのマシンガン速度が早過ぎて、物理を与える前に貫通し易いので、遠巻きにしないと戦い辛いんだけど。オブラー様自ら接近なさるのでロボだと手強い(苦笑)

ネビュロス・オブラー様本体はロボから降りた方が倒しやすいのです。雑魚はロボの方が早く倒せる。

image

なんか腕なしのロボのレンタルマシーン(レンタルマシーンはTenjiku SIMに来ると無料で乗れます。軍用は体力やLevelや燃料や破壊システム搭載しないとなんで。いつ皆にも売り出せるかは未定。Androidの開発先行もあるし…)に、ぢるちゃんと乗ってドライブしたんだけど。

巧い事、俺のカラーリングの赤と。ぢるちゃんが青に分かれた。やっぱぢるちゃんは薄めの青、ひろだんご兄は濃い青、俺は赤が似合うね。

image

そうそう、この腕なしの方のロボットもスカルプテクスチャデータから。通常モデリングデータにエクスポート作業中。やっぱりゲームで使うなら高ポリゴンで行きたいじゃあない?

image

image

まぁ、俺はそう言う訳でゲーム出来上がるまでは忙しいからSIMに居ない時も多いんですが。機会があったらTenjiku SIMに遊びに来てみて下さいね。WindowsでもMacintoshでも遊べるからさ。Second Life版。

地味にね

image

ここんとこ、この話はご無沙汰だったんだけどさ。地味にね、ゲームの制作は続けてて。新しいプログラマーさんになってからは少しずつ進んでる。

予定では一応来週シナリオ部分のプログラムの総改修済む予定。これで漸くバトル部に移れると良いけど。自分はシナリオとグラフィックとサウンドしか出来ないけどなぁ。

image

ドット絵のアゼルと禹、作業の合間に造ってたけど。これなんかに使い道あるのかぁ?とか思ったりなんかして。もにょもにょ。

image

今はバトル及びシステム部分のUI考えてる。

開発は再開してるけど

Posted by Futatsubashi on 1st 9月 2013 in Android-ゲーム-, 武装決起カード大決戦

image

開発は後任のプログラマーさんが見つかったから再開してるけど。上手く仕様が伝えられないなぁ。まぁ自分の説明不足がなせる技なのだけれど…。

なんかゲームばっかりやってるみたいだけど

なんかゲームばっかりやってるみたいだけど。造る方も何年も掛けて中断状態みたくなっていたけれど、ここまで進めておいて諦めるには。もう後には退けない所まで来ていたからなぁ。

ずっと新しいプログラマさんを募集していたんだ。ここ数ヶ月はずっとずっとね。

と、言うのも初代プログラマさんの前任者さんが離脱してね。それ自体は責めない、出来なかったのは仕方ない仕方ないよ。

それはまぁ、おいといて新しいプログラマさん。募集に馳せ参じて漸く来てくれたから、これからゆっくりと。でも確実に急いで造り上げて行く。完全な仕切り直しだよなぁ。

そうそう、新しいプログラマさんは来てくれたけれど。プログラマさんが一人だと何かその方にあった場合辛いのは、もうわかっているんで。

まだまだ募集しておくな。成功報酬50万円から100万円で募集してるから、興味があったら。

TwitterでFutatsubashiか。
Facebookで二ツ橋陽輔まで連絡してな。

TGV-10AGNIのマズルキャノン

Posted by Futatsubashi on 30th 10月 2012 in DAZ Studio, Hexagon, 日常, 武装決起カード大決戦

前回の弾丸のアニメーションに続く前のカットの、禹専用のAGNIからマズルキャノン(禹用エフェクト付きの肩のランチャー)を発車する際のエフェクトでまたちょっと時間掛かってる。
エフェクトの外周部の色味的な物や、AGNIがファーっと後ろにバックフライする部分は大体イメージ通りなんだけれどね。問題はあれだ。

中間フレーム(90フレーム中の30フレーム目辺りから)において浮かび上がる、第3レイヤーの禹のロゴが外周部赤オレンジエフェクトの中心点と多少ずれてるのが自分的には納得いかないんだよね。
原因はわかってるんだ。第2レイヤーの赤オレンジエフェクトは製作段階時点でTexture Animationによる拡大縮小かけてて。禹ロゴの方は後から第3レイヤーとして足してて、これには拡大ローリングを最初からかけていないからずれているんだ。
最終フレームでは合うように仕掛けてあるけれど。中間フレームを補完すべきかどうか。

補完するとなると禹のロゴもワンフレームごと手作業になるなぁ。オートメーション化出来ない微妙な調整だからなぁ。

弾丸の軌道アニメーション

Posted by Futatsubashi on 29th 10月 2012 in DAZ Studio, Hexagon, 日常, 武装決起カード大決戦

弾丸の軌道アニメーションをDAZオンリーでやってみる。テクスチャアニメーショ(Texture Animation)ンやマテリアルアニメーション(Material Animation)がScript Pluginで使えるようになったので。
それをやる事自体や、レンダリング時間その物には時間が掛からなかったけれど。結局初回の総合的時間はまた数日掛かった。

と、言うのもね?難しいんだよ、格好良い軌道で飛ばす脳内スケッチと言うか出来た後の絵の全体像を脳内で見抜くのは。
プレビューがあっても、レイヤーを結局エフェクト処理は重ねたいし。最終的に栄える構図で、飛ばすのは難しい。

それでもまぁ妥協したくないし、バトル物では弾丸、爆発は一番見るエフェクトだし頑張った。アニメーターとかでガンガンミサイルとかマクロス飛ばししてる人達とかスッゲーなぁとか正直思うよ。
それからふと、僕がBL絵師だった時代のテクニックとか言うかアドバイスで。今回の弾丸の件とは違うけれど。効果線の中央線は物体の背後に隠れるように配置した方が見栄えは良いよ。

効果線の外周に近い方は物体より前に。中央に近い方は物体の背後に入れる。これだけで随分違う。

さて、連番透過Pngで弾丸の軌道はムービーファイルにしてるけど(小物系やエフェクト類はavi書き出しより、後で手入れ出来る連番Pngの方が良い)。
もう1、2枚レイヤー足さないとこのシーンは栄えないな。頑張ろう。

Michael 5購入したんで

Posted by Futatsubashi on 25th 10月 2012 in DAZ Studio, Hexagon, 日常, 武装決起カード大決戦

DAZでM5こと、Michael 5を購入したんで。DAZレンダリング版の黒陽帝様をひたすら手直ししてた。M4フィギュアより、無駄に肌質がリアルなんでゲームやアニメーションようにどの辺りまでリアルさを消すかに苦労したけれど。
黒陽帝様はM4ベースのフィギュアより上手くイメージ通りになった感じ。でもオリジナルのSL版の黒陽帝様ってもう少し痩せてたかな?体型とシェイプ周りだけはもう少しいじろう。

アゼルの方は目と髪の毛をもう少し弄りたいんだけれどね、黒陽帝様はなんかトゥーン(アニメ処理)するとなんかタッキーみたいになったわ。50手前のおっさん頑張りすぎだろ(笑)

アニメ処理かけないと普通に歳相応に見えない事もないんだけれどね。後あれだ、何が苦労するって最新のGenesisタイプのフィギュア用の洋服がまだ少ないから。スカートタイプの服のテクスが、ポーズによっては手持ちの服類ではずれるからさぁ。
上着とスカートは一から大規模修正していったよ。結果、中国系のような古来日本部族のような中間のような服になったから結果オーライ。

それと、前回と前々回の記事でも書いた通りMaterial AnimationやTexture Animationが上手に出来るようになって来たので、こんなエフェクト効果なんかもね。